【速報!】マイクロソフト、ペンタゴンと100億ドルのクラウド契約を勝ち取る!アマゾンとの一騎打ちに勝利!!!

投資の考え方
スポンサーリンク

今朝のニューヨークタイムズの記事によると、兼ねてから協議していた米国防総省、通称・ペンタゴンの軍で採用される大規模なクラウドコンピューティングシステムの競合コンペにて、マイクロソフト(MSFT)がアマゾン・ドット・コム(AMZN)を下し、10年間、最大100億ドルの契約を勝ち取ったことが報道されました。

Microsoft Wins Pentagon’s Billion JEDI Contract, Thwarting Amazon
Amazon was considered a front-runner for the cloud computing project before President Trump began criticizing the company’s founder, Jeff Bezos.

この競合コンペにはマイクロソフトとアマゾンの他に、IBM、Google、オラクル(ORCL)と言った強豪揃いの状態で始まりました。とは言え、早々に他の企業は入札から除外され、マイクロソフトとアマゾン・ドット・コムの一騎打ち状態だった上に、やはりクラウドサービスで一歩抜きん出ているアマゾン・ドット・コムの『AWS』が有利と言われていたため、今回の報道は素直に驚きでした。

マイクロソフトのクラウドサービス『Azure』は先日発表された同社の第1四半期決算においても59%の成長を明らかにしていました。

ですが、今回のペンタゴンとの契約によって、向こう10年間は安定的な収益を見込める上に、米国防総省が認めた世界最高峰のセキュリティと言うお墨付きまで貰えることになる。現状ではまだ『Azure』はアマゾン・ドット・コムの『AWS』に次ぐ2番手のクラウドサービスとなっているが、これを機にさらなる飛躍が期待されることとなります。

また、このようなビッグサプライズが株価に影響を及ぼさない訳がなく、PTSにて同社株の株価は3%上昇し、144.95ドルで取引を終えました

今回の一件により、最近絶好調なアップル(AAPL)に、時価総額世界一の座を奪われていた同社ですが、再びその座に返り咲くことになるかもしれません。

そもそも、アップルとマイクロソフトは1980年代からライバル関係にあり、かのスティーブ・ジョブズ氏が『Macintosh』を開発するために当時としては斬新だったGUI(グラフィカルユーザーインターフェース・簡単に言えばマウスやポインターを使ってコンピュータを操作するシステム)をマイクロソフトに外注したところ、その技術を転用してマイクロソフトのビル・ゲイツ氏は『Windows』を生み出し、一気に攻勢をかけ、パーソナルコンピュータの世界を牛耳ることになったという頃からの因縁の相手です。

しかし2社ともに90年代後半から2000年代には苦戦を強いられ、アップルは現在のウィーワーク並の資金難に陥り、倒産寸前にまで追いやられましたし、マイクロソフトも次第に『Windows』頼みの経営に行き詰まり、『時代遅れのソフトウェア屋』『マイクロソフトはオワコン』などと叩かれ続けました

そんな2社がともに時価総額1兆ドルを超える(10/25現在)超巨大企業へと成長し、高いレベルでしのぎを削っていると考えると感慨深いものがありますし、やはりIT企業の未来はどうなるか分からないと感じるのです。

ソフトバンクG(9984)、PBR1倍ライン上の攻防激化。IT企業の未来は誰にもわからない。
日経新聞の記事によりますと、昨日の東証では、ソフトバンクGをめぐる売買が激化していたそうです。ソフトバンクGの株価はついに一時4,000円を割るほどまでに下落し、PBRも1倍すれすれまで近づくという水準になりました。...

まあ、それだけにいつ何が起きるのかが分からないのがIT企業の怖いところでもあるのですが、楽観的に見れば今後10年間はマイクロソフトはペンタゴンとの契約があるため、安定収入は得ることができるさらにその信頼感によって新規ユーザーの獲得が捗るのではないかと私は考えています。もちろん、不祥事が起きれば一発で大ダメージを被ることになるでしょうが、期待に答え続けるだけの技術力がマイクロソフトにはあると思います。

スティーブ・ジョブズ氏とビル・ゲイツ氏のライバル関係から、はや30年以上が経ち今やティム・クック氏とサティア・ナデラ氏の世代となったアップルとマイクロソフト。この2社はこれから先も世界中のIT企業を引っ張っていく存在としてそびえ立つのか。それとも新たなヒーローが台頭してくるのか。それは誰にもわかりませんが、今回のペンタゴンとの契約は、マイクロソフトの企業としての寿命を延ばしたと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました