【悲報】ジム・ロジャーズ氏、「3年以内に最悪の相場が来る」と予言。

投資の考え方
スポンサーリンク

当ブログで、何度か取り上げたことのある、世界三大投資家の一人、「冒険投資家」のジム・ロジャーズ氏が、またも今後の相場について発言をしました。

ジム・ロジャーズ「3年以内に最悪の相場が来る」(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
米中貿易戦争が長期化するなかでも、NYダウ平均株価は再び過去最高値圏に浮上している。一方で世界景気の悪化懸念は消えていない。個人投資家は今後どう行動すべきか。世界を代表する投資家のジム・ロジャーズ氏 - Yahoo!ニュース(東洋経済オンライン)

今回は、「3年以内に、自身でも経験したことのない最悪の相場が来る」というものらしい。だが今回の予言はあながち的外れという訳でもないかもしれません。彼の予言によれば米中貿易戦争は今後さらに悪化の一途を辿っていくことから、その影響は世界中に波及し、リーマン・ショックを超える悪影響を及ぼすだろうというものです。

実際、米中貿易戦争は始めは米国が圧倒的有利であり、妥協するつもりは一切ないという姿勢だったが、株価が低迷し、大統領選が近づくにつれ、トランプ大統領は部分的に合意するという弱気な姿勢を見せました。しかし、実際は両国ともにまだ課題が山積みであることは否定できません。

米中貿易で部分合意、その中身と残る課題
トランプ大統領は中国の劉鶴副首相(経済担当)とホワイトハウスで会談後、記者団に対し「第一段階の合意に達した」と述べた。この合意内容と残る課題を挙げる。

さらに、FRBは短期米国債を6兆円分購入するなどのカンフル剤を投入し、無理やりにでも短期金利を抑制しようとしている。

FRB、米国債6兆円購入 短期金利上昇抑制狙う(共同通信) - Yahoo!ニュース
【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は11日、短期金利の上昇を抑制するため、短期の米国債を月額600億ドル(約6兆5千億円)購入すると発表した。少なくとも来年4~6月期まで購入を継続する - Yahoo!ニュース(共同通信)

これらの政策も相まって、ジム・ロジャーズ氏の指摘通り、債券利回りが歴史的な水準まで低下し、債券バブルと言って差し支えない状況にあります。

ただし、これらの予言は市場参加者ならほとんどが考えていることであり、ジム・ロジャーズ氏の予言とは言い切れません。私はリセッションは3年以内と言わず、来年の年末、トランプ大統領が大統領選で再選された直後から起こりうるのではないかと思っています。

とは言え、株価の暴落は、市場参加者が最も楽観的になった時に突然訪れるものであるというのが歴史的には証明されています。なので逆に言えば、市場参加者のほとんどがリセッションが来るぞ来るぞと待ち構えている状況では、実際にはリセッションは来ないのかもしれません

将来の株価を正確に予測するのは、たとえ世界三大投資家と言えども不可能であり、ジム・ロジャーズ氏は『予言』を繰り返すたびに自身の信用度を貶めている。

【妄言】ジム・ロジャーズ氏『これからは朝鮮半島の時代』。彼の予言はあたるのか?
今月、「世界3大投資家」の一人、ジム・ロジャーズ氏が来日し、元経済産業省官僚の古賀茂明氏と対談を行った。ジム・ロジャーズ氏は朝鮮半島への投資を盛んに行っており、現在のところ大きな損失を抱えているとみられる。その証拠に、韓国並のアンチ日本コ...

最近の同氏は、朝鮮半島への投資がお気に入りのようだが、朝鮮半島への投資の失敗も米中貿易戦争のせいとしてなすりつけようとしているのがよくわかります。

何にせよ、世界的にリセッションが近づいていることは、ジム・ロジャーズ氏が言うまでもなく分かりきっていることであり、我々が正確にそのタイミングを計ることは永遠にできないのです。

とすれば、我々は近い将来来るであろうリセッションに向けて、何をすれば良いのでしょうか?私は、何も特別なことをする必要はないと考えています。先にも言った通り、暴落のタイミングは誰にも正確には分かり得ないことから、暴落に備えて持株をすべて売却したり、少しの下落で狼狽売りするようなことはせずに、いつも通り淡々と持ち株数を増やすために買い増しを続けるのが得策だと思います。

ただし、私も以前はフルインベストメント気味でしたが、最近は少しずつ現金比率を高めており、実際にリセッションが訪れた際は、持ち株を大きく買いに行くか、新規銘柄に大きく投資することもあるかもしれません。要は、いつ暴落がきても投資し続けるという姿勢が最も重要と言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました