【小ネタ】ドラフト1位のスター選手より、ドラフト2位の即戦力が活躍する理由

投資の考え方
スポンサーリンク

本日は、プロ野球のドラフト会議ということでプロ野球が好きな私としては仕事なんてせずにドラフト会議の生中継を見ていたいなという気持ちでいっぱいです。決算も佳境なので仕事はきっちりこなしますけどね。笑

ちなみに私、関西人ですが昔から巨人ファンです。幼い頃はかなり友人から批判を受けたものです。でもやっぱりね〜 幼い頃から『お金持ち』が大好きだった私としては、当時から『金満』と呼ばれていた巨人軍に魅力を感じるわけですよ。他の人と同じっていうのも面白くないですしね。

①仁志②清水③高橋由④松井⑤清原⑥江藤⑦元木⑧阿部

この打順にピンときた方はおそらく同年代の巨人ファンの方なのではないだろうかと思います。高橋由、松井、清原のワクワク感が止まりません。これより結構後ですが、1番・高橋由も個人的にはワクワクしました。

とまあ、こんなことをツラツラと書いているとただの雑記ブログになってしまうので本題へ。ドラフトにまつわる話としてよく言われているのが、『ドラフト1位の選手より、ドラフト2位以下の選手の方が活躍する』というもの。やはりドラフト会議で最も注目されるのは、その年の甲子園で活躍したり、記憶に残るような記録を樹立した高校生が一番多いのではないでしょうか。

ですが、彼らのような甲子園のスターの中には、その後それほど活躍できなかったというプレーヤーも少なくありません。それはなぜかと言われると、『やはり期待値が高すぎるから』。これに尽きると思うんですよね。プロの世界はやはり甲子園のようなアマチュアとは一味違うし、というか高卒ルーキーなんて10代ですからね。身体もまだ出来上がっていない状態で活躍するのは難しく、期待に応え続けることができないという選手は多いのではないでしょうか。

逆にドラフト2位以下の選手には大学や社会人として安定的な実績を持つ選手もかなり選出されるわけです(もちろん1位指名の大学・社会人プレーヤーも多いですが)。20代前半の彼らは、もちろん経験も豊富ですし精神的な安定感が違いますよね。確かにプロとしてのキャリアは高卒ルーキーと同じですが、即戦力と呼ばれる彼らはその名の通り即戦力になることが使命ですので、早い段階で活躍する選手が多く見受けられるのではないだろうか。と思います。

さて、ただの雑記ブログじゃないんだぞ!ってところを見せるためにも、私は投資の話をする必要があります。

よく株式投資も『人気投票』に例えられることが多く、連日株式市場で繰り広げられている株価の上下、株の売買取引は、まさに毎日ドラフト会議が行われているようなものではないでしょうか。

日本株で例えると、その日のストップ高銘柄は期待のドラ1ルーキーで、ストップ安銘柄は戦力外通告みたいな感じですかね。人気のある銘柄に投資資金が集中するのはどこの世界も同じです。プロ野球球団だってドラ1には破格の契約金とか年俸とか、将来のスター候補にかなりの投資をしているわけですからね。

期待のグロース株、期待のIPO、隠れたお宝銘柄、それぞれの球団(アクティブファンドや個人投資家)によって戦略は違いますが、人気が集中して競合になり株価が暴騰した銘柄がその日のドラ1という訳です。

ですが、これら期待のグロース株やIPOは期待されていたほどの結果が出せなければすぐに株価は暴落、戦力外通告となりますし、隠れたお宝銘柄は隠れたままということも往々にしてあるのです。

逆にドラフト2位以下の実力派銘柄といえば、経験豊富で精神的に安定感のある大型優良株と言ったところでしょうか。彼ら実力派の株価はグロース株やIPO株のように毎日大きなボラティリティがあるという訳ではありませんが、着実に成果を上げて、常にその実力の高さを発揮しています。

我々長期投資家が狙うべき銘柄は、期待のドラ1ルーキーであるグロース株やIPO銘柄ではなく、経験も豊富で精神的に安定感があるNYダウやS&P500に採用されている『即戦力』銘柄ではないでしょうか。私が投資している個別銘柄は全て『即戦力』の大型ルーキーたちばかりです。誰得ですが、あえて打線を組むならこんな感じでしょうか。

①MSFT②CSCO③MCD④V⑤KO⑥JNJ⑦PG⑧MRK⑨XOM 監督:VOO

どうでしょう?メジャーリーグでもワールドチャンピオンになれそうな強力打線ではないでしょうか 笑

これらの大型株にバランスよく投資し続けることで、誰かが調子を落とした時も毎日新たなヒーローが登場する、そんな今季のジャイアンツの戦い方のような、盤石な体制を築き上げることができるのではないかと思います。本日のドラフト会議、我がジャイアンツは誰を指名するのでしょうか。ワクワクしながら仕事に向かいます。そして、阪神ファンの皆様。どうかフォロワーを外さないようにお願いいたします 笑

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました