【は?】ワタミ(7522)代表・渡辺美樹氏、「売上や利益の追求はいらない」

雑記
スポンサーリンク

先日、大手居酒屋チェーンであるワタミの代表取締役に、創業者の渡辺美樹氏が再任されることが発表された。渡辺美樹氏といえば、『ワタミ=ブラック企業』と言う方程式を完成させたような実業家で先日、当ブログでも取り上げたところ好評をいただきました。

【超絶悲報】ワタミの創業者・渡辺美樹氏が会長職へ復帰。イメージの悪化は避けられないか。
外食チェーン大手のワタミ(7522)は27日、創業者である渡辺美樹取締役(59)が10月1日より代表取締役会長に復帰する人事を発表した。グループCEO(最高経営責任者)も兼ねるとのことです。このニュースを受けてなのか、同社...

渡辺氏は、7日に開かれた記者会見で「売り上げ、利益の追求はいらない。これからはビジネスモデルの企業になっていきたい」と発言し、物議を醸している。

表示できません - Yahoo!ニュース

政界進出より以前の渡辺氏の社員を酷使する利益追及型の経営からは180度転換すると言うイメージなのだろうか?ただ、彼の発言は全く信用ならない。そもそもこの記者会見で謝罪しているが、政界進出時に同社への「復帰は1000%ない」と言っていたにも関わらず、議員としての任期が満了となるとしれっと戻ってきたのである。1000%とか簡単に使っちゃう奴は信用できないよね。と言う良い事例ですね。

また、ワタミが「ホワイト企業認定」などを行っている日本次世代企業普及機構(通称「ホワイト財団」)の診断で、認定基準の60点を超える87点を獲得したことにも言及しているが、これは渡辺氏の後を継いだ清水氏の功績であり、イメージが最悪な「ワタミ隠し」を推し進めて、業績も回復、労働環境も整った優良企業へと成長させたのである。

さらに、求人サイトで同社の2020年卒向け採用ページを見てみると、月給は20万3,100円。このうち、月間119時間分のみなし深夜手当として一律で3万円、営業手当として1万円が含まれている。つまり、手当を除いた基本給は、額面で16万円代と言う事になる。

その下に記載されている給与モデルはもっと闇が深い。

月収例(月給)  
【240,840円】 ■一般社員(3カ月以上) 
(内訳)基本給193,100円 (月間119時間分のみなし深夜手当30,000円含む[一律]) 
+ 営業手当10,000円[一律]+ 超過勤務手当:37,740円(時間外勤務30時間の場合) 
※所定労働時間を超える場合は、追加支給 

【295,420円】 ■店長職 
(内訳)基本給:238,800円(月間112時間分のみなし深夜手当35,000円含む[一律]) 
+ 営業手当10,000円 [一律]+  超過勤務手当:46,620円(時間外勤務30時間の場合) 
※所定労働時間を超える場合は、追加支給 

これがホワイトになった現状のワタミの『給与モデル』である。渡辺氏が復帰すれば果たしてどうなるのだろうか?

そもそも売上や利益の追求ではなく、『ビジネスモデルの企業』になっていきたいと発言しているが、優位なビジネスモデルを保有している企業の収益性は総じて高い。

前回の記事でもマクドナルド(MCD)との対比をしたが、マクドナルドがフランチャイズビジネスで成功を収めているのは、同社が以前から力を入れていたイメージ戦略が功を奏して、一時的なイメージダウンで済んだと言う背景がある。

そして、マクドナルドはそのビジネスモデルの優位性で世界中でビジネスを展開し、営業利益率が30%を超える超優良企業なのである。

外食産業ではワタミを筆頭にフランチャイズ化が進んでいるが、コンビニエンスストア各社がフランチャイズ事業主から搾取したことで社会問題となっていることから、フランチャイズビジネスのイメージも今は良いとは言えないだろう。

渡辺氏の復帰はやはりイメージの悪化に繋がりますし、彼の発言が信用に値するものではないと言うのが今回の会見でさらに鮮明になりました。そもそも、当然だが自分の意見をコロコロ変える人間はとにかく信用なりません。私も投資家として、市場の状況に流されるかもしれませんが、これからも自分の根本的な意見は曲げずに押し通していきたいと思います。

そして、株式会社、しかも東証一部上場の大企業である以上、あくまで健全な方法で利益の追求をしてほしいと言うのが株主としての意見でしょう。イメージの悪化を恐れすぎてわけのわからない無責任な発言をするのはいかがなものかと思いました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

雑記
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました