【正論】ホリエモン、手取り14万円発言に対して、「お前がおわってんだよwww」と返して炎上

マネー論
スポンサーリンク

先日、ネット上で、都内のメーカーに12年間勤務して役職もあるのに手取り14万円と言う女性のニュースが話題となった。

12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」に共感の声 「国から『死ね』と言われているみたい」「日本はもはや発展途上国」
「手取り15万以下」を嘆くトピ内には共感の声が寄せられた 先月末、国税庁が発表した調査結果によると、民間企業で働く正社員の昨年の平均給与は503万円5000円だった。一方、非正規社員の平均は179万円。正社員と非正規社員の給与額に約320万円の開きがあり、格差社会が浮き彫りになった。 ただ、正社員間でも大きな格差があり...

それに対してホリエモンこと実業家の堀江貴文さんが自身のtwitter上で「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよwww」とツイート。賛否両論あるものの、概ね平常通り炎上した。

ホリエモン、手取り14万円“日本終わってる”の声に「お前がおわってんだよ」
 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(46)が7日、ツイッターを更新。ネット掲示板上で、月給の少なさを嘆き「日本終わってますよね?」などとつづった投稿に共感の声が寄せられているというニュースに反応した。

私が率直に思ったのは、今回のケースは完全にホリエモンの意見が正論だなと言うことです。まず、元ニュースを見ると、今回の女性は都内のメーカーに12年間も勤めているにも関わらず手取りが14万円とのこと。そもそもその水準でよく都内で生活ができてるなと言うのが正直な感想ですが、都内メーカー勤務で手取り14万円はさすがにあなた自身の努力が足りないんじゃないの?と言わざるを得ません

保育士さんや介護士さんなどの福祉関係の従事者の所得が低いことは非常に大きな問題であり、国が総力をあげて業界全体の所得改善をすべきだとは考えています。

【悲報】沖縄の保育士、7年目で手取りわずか12万円台。
沖縄タイムスの記事によると、沖縄県内の認可保育園で正社員として働く保育士の方が、保育士経験7年目にして、手取りはわずか12万円台であることを明かした。公開された給与明細によると、月の総支給額17万1,500円となっており、...

ですが今回のモデルケースは都内メーカー勤務と言うことです。まずメーカーは収入レベルが劣る業界ではないですし、しかも都内在住。日本で最も平均収入が高い東京都でそれほど低収入で12年間も働いていると言うのは、自らのスキルアップを放棄したか、もっと条件の良い会社に転職すると言う努力を放棄したかのどちらかなのではないだろうか。

私も20代前半の頃は、大阪のメーカーやベンチャー企業に勤めていた頃は収入は少なかったです。特にベンチャー企業にいた頃は試用期間終了後すぐに役職を付けられたため、サービス残業が月に100時間を超えることも少なくありませんでした。

管理人、Yukiの転職ヒストリー
私Yukiは20代後半ですが、3回の転職をしており早くも4社目の会社で働いております。そもそも転職を始めるきっかけとなったのは、ハッキリ言って新卒での就職先に失敗したから。もともと東京にある大学に進学していたのですが、卒業後は家庭の事情で...

でもそんな環境でずっと働くことは馬鹿らしいと考えて1年ちょっとで転職し、上場メーカーの経理職に就くことができました。今回の元ニュースの女性の場合、職種も明らかではないので、一概には言えませんが、正直に感じたのは、そんな会社で10年以上働いてて今更文句言うなよ。と言うところと、こう言う被害者ヅラした低所得自慢者が一番国にとって害なんじゃないかと言うところです。

今回、twitterで『手取り14万円』がトレンドになりましたが、思い出してください。今年の8月頃に同じくtwitterでトレンドになったのは『手取り23万円』と言うキーワードでした。

【貯金ZERO】NEWS ZEROで紹介された手取り23万の男性。まだまだ改善の余地アリ
先月31日、中央最低賃金審議会の小委員会は、2019年度の最低賃金について全国平均の時給を27円引き上げ、901円とする目安をまとめた。東京と神奈川が1000円を超えた一方、依然として最低賃金が700円台の都道府県が17県と地域格差は縮ま...

たった2ヶ月半でトレンドワードまで大幅なデフレを起こす、日本人の『私の方が不幸よ自慢大会』にはウンザリです。もちろん、そんな低所得で従業員を雇っている企業側が全面的に悪いのは確かですが、その労働条件でこき使われることを容認しているのはあなた自身ですよね?私はヤですよ。そんな低所得で働くなんて。毎月15万円〜20万円程度の投資資金は確保したいですから、手取り14万円では投資元本すら稼げません。

そう言う悪条件で働いている人たちがどんどん辞めていってクソみたいなブラック企業が労働力を確保できなくなれば、自然と淘汰されるはず。同業他社と比較して明らかな低所得や、劣悪な環境で働くことを容認している従業員は、もはやブラック企業と共犯と言っても過言ではないと感じます。

厳しい意見かもしれませんが、ここまで低所得で労働力を提供していると言うことは、あなた自身の労働力にはそれほど価値が無いと言うこと。上司から正当な評価をされていないと言う方もいるかもしれませんが、それなら上司を辞めさせるか、それができないなら自分がまた転職をするしかない。私も今の会社に入って1年間、クソみたいな上司の下で働いていましたが、さらに上の役員に相談し、クソ上司を子会社に異動させた上で役職もヒラに格下げしてもらいました。その元上司は今まで通り好き勝手できないことにストレスを感じたのか、もうすぐ自主退職されるそうです。

もちろん、私は担当役員の上司に恵まれたと言う一面もありますが、もしクソ上司を辞めさせなければ自分が退職する覚悟で相談したことが改善のきっかけとなりました。クソみたいな労働環境ならそれを変えるか、変えるよりも自分が辞めてもっと良い環境に身を投じるように行動するのがベストでしょう。

彼女のようなケースは、少なくとも自助努力が少しは足りないんじゃないかなと感じた次第です。ホリエモンさんは、何だかんだで正論が多いですが、正論すぎて炎上することが多いですね。私は投資家として、自ら考え努力し続けることだけは放棄しませんでした

収入が低いブラック企業で文句も言わず仕事し続けることは間違った努力です。努力の方向性も含めて、改めてあなたのキャリアプランを考え直した方が良いのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

マネー論
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました