【朗報】タバコ株、米国市場の急落の中で強さを見せる

投資の考え方
スポンサーリンク

10月早々、米国株市場は大幅に下落した。

NYダウ、S&P500指数ともに1.2%強の下落となった。背景には9月の米供給管理協会(ISM)製造業指数が約10年ぶりの低水準となり、米中貿易摩擦が米経済の足かせになっているという懸念が強まったことが挙げられる。

米ISM製造業指数:活動さらに縮小、10年ぶり低水準-雇用低迷
米供給管理協会(ISM)が発表した9月の製造業総合景況指数は、市場の予想外に一段の活動縮小を示し、前回のリセッション(景気後退)終了以降で最低の水準となった。世界的な景気減速や米中の貿易戦争が製造業セクターをますます圧迫している。

生産指数は50を切ると製造活動の縮小を示すのだが、今回の指数は47.3と2009年以来の低水準となったことから株価が軟調となったようだ。

だがしかし、そんな弱気な市場など何処吹く風で株価が大きく上昇した個別株がある。それが、ここ最近叩かれ続けているタバコ銘柄たちである。世界最大のタバコ会社であるフィリップモリス(PM)は前日比2.5%と好調ぶりを見せた。同社の配当利回りも6%台から5%台に戻ろうかという勢いである。

さらに、傘下の『ジュール・ラブズ』の問題や、それに伴ってフィリップモリスとの再統合の悲願を達成できなかったアルトリア(MO)の株価も、大きく上下しながら、最終的にはプラス圏で取引を終了した。

タバコ銘柄たちは近年、忌み嫌われボコボコに叩き売られていたことで、バリュエーションは安値で放置されており、フィリップモリスはPERが15倍、アルトリアはPER10倍台と、市場全体としては低PERに当たる部類です。そもそも、『生活必需品』と呼ばれるセクターの強みは、市場が軟調な時期でも株価の下落が限定的で、回復しやすいというメリットがあります。そのことからもわかるように、コカ・コーラ(KO)やペプシコ(PEP)といった清涼飲料水メーカーの生活必需品セクターも株価は微増で取引を終了させている。

景気の波には、(好況期・後退期・不況期・回復期)の4つの局面が存在しており、それぞれで強いセクターというのは違います。例えば、不況期には生活必需品やヘルスケアセクターが強く、回復期にはITセクターが強いといった具合です。

実際、不況期がもうすぐ来るという恐れが市場を覆った影響もあり、コカコーラやプロクター・アンド・ギャンブル(PG)などの生活必需品セクターの大型株はここ数年で一気に買いが集中し、むしろ割高となっている。

そんな中、もうすぐ訪れるかもしれない不況期には、生活必需品セクターの中でここ数年ボコボコに叩き売られ続けたタバコ銘柄に買いが集中するかもしれないのです。

最近、1つの銘柄に集中投資すべきという論調も増えたように思うが、分散投資をするメリットはこういった景気の波の変換期にもバランスよくポートフォリオを支えてくれるという強みがあると私は思います。インデックス投資一本というのは究極の分散投資なのでアリだと思いますがね。

個別株に投資するのであれば、やはりセクターを少しは分けて投資をすべきです。確かに私も20歳の時点から今まで、追加投資も含めてビザ(V)だけに集中投資をしていれば、すでに今の資産は5,000万円は超えていたかもしれません。ですがそれはあくまで結果論。ビザの成長も結局は米国の力強い景気回復に支えられて世界的に景気が良くなり、モノの消費量が増加したために、クレジットカード決済が増加したため大きく成長したのです。

私はまさか2010年代の間ずっと米国株市場が右肩上がりに成長するとは予想もしていませんでした。今の私が20歳の頃の自分にこの事実を伝えにいったところで信じてもらえないことは明白です。私の疑り深さは私自身が一番よく知っています。笑

実際、2000年代後半から2010年頃には安パイの公益株として投資家にも新卒就活生にも大人気だった東京電力(9501)は2011年の東日本大震災以降、株価が半値にも戻っていません。

将来に何が起きるかわからないからこそ、分散投資の必要性があると言えるのです。さて、そんな中で嫌われ続けてきたタバコ銘柄が今度はポートフォリオの救世主となるか。それは誰にもわかりません。そもそも私にとってはタバコは生活必需品どころか劇物です。生活必需品セクターかどうかも怪しいところです。ですが、タバコの中毒性や依存性は明らかで、いかに貧乏になろうともタバコだけは意地でも吸い続けるという、どうしようもない人間がいるのは確かです。

そのような貧乏人から少ないお金をむしり取っていくタバコ株は今後しばらくは業績も安定するでしょう。私は個別では投資していないタバコ株ですが、今まで叩かれ続けた分、果たしてタバコ株の逆襲はあるのでしょうか。今後のタバコ株にも注目です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました