35歳で年収300万円、2人目の子供がもうすぐ生まれてくるのですが…

マネー論
スポンサーリンク

今回のご相談者は、地方在住、現在35歳の井上さん(仮名)。同い年の妻と現在5歳の息子と3人暮らし。妻は2人目の子供を身籠っており、まさに幸せの絶頂!…とは、どうやらいかない様子だ。

彼の仕事は地元の中小企業の工場勤務で、年収は300万円。この金額には寸志とは言えボーナスが含まれているため、毎月の手取り月収は18万円相当。若い頃はクルマ好きでガラにもなくクルマに浪費をしてしまったため、貯金もほとんどないのが現状だ。そこで、2人目の子供が産まれることをキッカケに、家計を見直したいということでした。

スポンサーリンク

井上さんの収支

・収入:18万円(給与収入:18万円)

・支出:18万円
・家賃:7万円
・食費:4万円
・光熱費:2万円
・通信費:2万円
・保険料:2万円
・生活必需品:1万円

これ以外の収入はボーナスの手取が年間20万円弱。大体15万円くらいだそうです。以前は奥さんもパートで働いていたので、貯金は100万円程度ありますが、妊娠が分かって退職。出産費用もかかるため、今ある貯金には手を出せないということです。

節約は無理なく固定費を見直すこと

今回の場合もまずは固定費の見直しです。平均的な家計と比較すると少し光熱費が高めな気がします。奥さんがずっと自宅にいらっしゃいますので、仕方ない部分もあるのですが、電気代は電力自由化によって単価の安い業者に簡単に切り替えることが出来る時代です。使用量によって変わりますが、毎月およそ2千円程度の節約。年間で2.5万円程度の節約をすることができるのです。ぜひ取り入れることをおススメいたします。

通信費はスマホ2台で2万円程度ということですので、いつも通りMVNOの利用を勧めます。お二人とも毎月の通信利用量は3MB程度でしたので、スマホ代は二人合わせても5千円程度で済むだろうと見受けられます。

保険料の2万円は学資保険とのこと。学資保険は賛否両論あり、個人的には不要だと思っています。まあ、私は独身ですし株式に長期投資していますから、学資保険不要論者になってしまうのは仕方ありません。ただ、井上さんの場合、貯蓄する意思が弱くて貯蓄できていないという訳ではないのです。

学資保険等の保険商品や財形貯蓄などの制度は、自分の意思でお金を貯められない人にはおススメできるかもしれませんが、用途が限られてしまう上にすぐに引き出すことができません。自分の意思で貯蓄することができるのであれば、貯金をしておけば、余剰資金で自分の自由に資産運用をすることも可能です。彼らの場合は学資保険は不要、もしくは拠出額を下げる方向で問題ないかと思います。

支出見直し後

・支出:18万円 ⇒15.3万円
・家賃:7万円
・食費:4万円
・光熱費:2万円 ⇒1.8万円
・通信費:2万円 ⇒0.5万円
・保険料:2万円 ⇒1万円
・生活必需品:1万円

これでおおよそ3万円の貯蓄が出来る体制になりました。学資保険はゼロでもいいかと思いますが、株式投資は元本保証ではないですからね。お子さんが2人となると、元本保証といった安定感もあった方が良いのではないかと思ったため、1万円だけ残しておくことにしました。

あと、出産後に落ち着いてからでも良いので、もう少し家賃が低いところへ引越しをされるか、副業でお金を稼ぐ努力をするか(もちろん両方あればなおOK)を検討された方が良いかと思います。

適正な家賃は手取り収入の20%程度と言われています。さすがに家族4人で3.6万円で生活できる部屋はなかなか見つからないと思いますので、せめて6万円程度に抑えられるとそれだけで毎月1万円は浮かすことが出来ます。今は住環境が変わってしまうと妊娠されている奥さんに悪影響だと思いますので、少し落ち着いてからご検討されることをおススメしました。

また、やはり親子4人で手取18万円では、経費を抑えるにしても限界がきます。副業で収入が毎月2万円増えるだけでも、収入が11%も増加する計算となりますので、空いた時間を活用して副業されることを強くおススメいたします。

投資をするにしても、まずは余剰資金の確保からです。余剰資金を生み出すには、収入を最大化する支出をギリギリまで削るかのしかないのですから、お金持ちになりたければ、その両方のアプローチを同時にすべきであることは明白なのです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

マネー論
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました