【悲報】世帯年収700万円の夫婦が貯蓄できない理由とは?

家計見直し
スポンサーリンク

地方都市在住の斎藤さん(仮名)ご夫妻は、現在お二人とも32歳。まだ新婚でお子さんもおられません。そのため、まだお二人とも働いており、世帯収入は700万円もある。それなのに、なぜか彼らは貯金が出来ないと嘆く。その理由は一体何なのか?

スポンサーリンク

斎藤さん夫妻の収入

収入:37万円

給与所得(夫:27万円、妻10万円)

このほかに夫の勤務先からの賞与が年間100万円程度あり、地方在住者としては低賃金ではないということがわかる。

子供も欲しいが、なぜかお金が貯まらないので踏み出せないと言うことがご夫婦の悩みのタネとなっています。将来を案じて、彼らは何度か保険の○口や、○○生命といったところに赴き、FPに相談までしているのです。ですが、まさかその行動に落とし穴があるとは思ってもみなかったようです。

斎藤さん夫妻の支出

支出:37.5万円
家賃:7万円
食費:5万円
交通費:3万円
光熱費:1万円
通信費:2.5万円(スマホ2.1万円、インターネット回線0.4万円)
奨学金:4万円
お小遣い:5万円(夫婦2.5万円ずつ)
生活必需品:2万円
保険料:8万円

これ以外にも唐突に必要になる出費が多く、地方在住者にしかわからない謎の出費(町内会費のようなもの)も徴収されるし、賞与の一部しか貯金出来ていないというのが現状である。

だがしかし、彼らの家計には大きすぎる落とし穴がある。それが保険料です。なんで保険料を毎月8万円も払っているのか?と聞いてみたところ、彼らは相談に行った保険の○口や、○○生命でライフプランニングを立て、FPに言われた通りに保険に加入していたのだ。まだ30代でお子さんもいない彼らにとってこれほど多額の保険など必要ない。いや。むしろ全世代に月額8万円もの保険料は不要と言えるだろう。

彼ら夫妻には金融知識が全くないため、言われるがままに加入していたというのであるが、まさにそういう方々がカモなのである。企業に勤めているFPは保険商品を売るのが仕事ですから、そりゃ人の不安な気持ちにかこつけて、これもこれもと保証をつけ足してくるものです。

さらに最も問題なのは、彼らが今、自分自身でどんな保険に加入しているのかを把握しきれていないことだ。何に加入しているのかちゃんと説明できずにふわふわしているからFPの方もハッキリと断定できず、保証の厚いものつまり保険料の高いものを勧めてくるのです。

案の定、彼らの保険商品を見返したところ、二重三重に保証が被っているようなものも見受けられた。また、対面型の店舗に行って保険に加入すれば、窓口の人件費がかかる分、同じ保証でも保険料が高くなる傾向にある。誰かに相談できるという安心感はあるかもしれないが、前述の通り彼らは親身な相談半分、カモ半分くらいに思っているかもしれないということは心に留めておくべきです。金融知識が無くても、自分たちにどういう保証が必要かは考えればわかることですので、最低限必要な保証をネットで探してそれ以外は解約することをおススメしました。

支出:37万円⇒28.2万円
家賃:7万円
食費:5万円
交通費:3万円
光熱費:1万円
通信費:2.5万円⇒1万円(スマホ0.6万円、インターネット回線0.4万円)
奨学金:4万円
お小遣い:5万円(夫婦2.5万円ずつ)
生活必需品:2万円
保険料:8万円⇒0.2万円

お二人とも健康状態は良好でしたので、保険は不要だと思いましたが、貯金にもう少し余裕ができるまでは最低限の医療保険だけ加入されるとのこと。ですがお二人合わせても月額2千円程度で収まりました。

ここまで改善できれば、奥さんの収入はほとんど全額貯蓄に回すことができますので、年間100万円以上の余剰資金を生み出すことも可能です。そのため、彼らにも例のごとくNISAやつみたてNISAの活用と、まだ30代ですのでiDeCoなども利用してはどうかというアドバイスをして終わりました。

彼らの場合、金融知識が無く、自分で学ぼうとしなかったため、毎月10万円近くも節約できるはずの資金を無駄に出費していたというケースです。月10万円と言えば、通常のNISAであれば、年間120万円の枠が設定されているので、一人分を丸々使い切れるほどの金額です。ファイナンシャルリテラシーを高めることがいかに大切かということを実感させられました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました