【必読!】管理人Yukiも活用する、クレジットカードの『分割払い』とは

節約・お得情報
スポンサーリンク

私はFPとして、クレジットカードの使い方を誤って自滅していく人を何人も見てきました。当ブログでもそれらの方々はネタにさせていただいております。中でも多いのがリボ払いや分割払いといった多額の手数料を払う支払い方法を知らずのうちにやってしまうパターンです。リボ払いの闇についてまとめたコチラの記事は大変ご好評いただきました。

【悲報】わずか60万円の返済に6年以上苦しんだ若者…禁断のリボ払いの闇をまとめてみた
日本ではクレジットカード利用者のほとんどは一回払いを選択しているため、リボ払いの利用者は比較的少ないと言われてきました。ですが、アンケート調査会社大手の『マクロミル』の調査によれば、日本国内のリボ払い経験者は全体の27%と国民の4人に1人...

基本的には、リボ払いや分割払いなんて絶対に利用すべきではありません。多額の手数料を取られてしまいます。ですが…実は私が唯一、クレジットカードの『分割払い』で支払いをしているものがあります。今回はそんなお話です。

スポンサーリンク

サラリーマン必見!『分割払い』で購入したらオトクかも?

私が毎回購入時にクレジットカードの分割払いで購入しているもの・・・それは、『定期券』です。4月入社時に6ヶ月定期券を購入された方だと、そろそろ定期券の更新の時期ではないでしょうか?そもそも定期券ってクレカで買えるの?といった疑問も含めて回答いたします。

そもそもクレカで買えるの?

この疑問に関してですが、結論から言えば、Yes!です。クレカで定期券を買うことは可能です。券売機にクレカを挿入することができるのはもちろん、窓口でもクレカで支払うことは可能ですよ。

分割の方がオトクなの?

分割で購入した方がオトクな理由は単純で、定期券の半年の割引率が分割手数料より高くなっているからです。まず私の勤めている会社では、交通費が毎月支給されているのですが、その交通費が1ヶ月分の定期代として支給されているのです。素直な方なら、毎月定期券を1ヶ月分で購入し続けておられることでしょう。ですが、6ヶ月定期を購入した上で分割した方が1ヶ月分の負担が少なくなりますので、定期券の差額分だけ給与が増えたような状態を作り出すことが可能です。

少し例を出してみましょう。例えば、今年10月からのJR新宿↔︎JR渋谷間の定期券代をみてみると、1ヶ月定期が4,940円、6ヶ月定期が23,710円となっています。つまり、1ヶ月定期を6ヶ月購入し続けると29,640円かかるわけですから、5,930円の差額が出ていることになります。

次に、6ヶ月定期を『分割払い 6回』で支払った時のシミュレーションをみてみます。分割払いの金利上限である18%で計算してみたところ、6ヶ月の支払総額は24,971円となることがわかった

つまり、新宿↔︎渋谷という超短区間の定期券でも6ヶ月で4,669円の節約。月778円の節約になるのだ。更に言えば、6回払い程度の短い期間だと金利も安くなり、実際には12〜14%程度の金利が適用されるためもう少し支払総額は下がるだろうと思います。もちろん、もっと長い区間ともなれば節約効果は大きくなり、実質数千円の昇給と同じような効果を感じることができるかもしれません。交通費には所得税も非課税ですし、まるまる手取りが増えるイメージですね。

注意点

この方法には注意点があります。まずは、もちろん6ヶ月定期を一括で支払った方がよりオトクだということ。それは理解しているのですが、個人的にお金を貰う前に支払うのはちょっと抵抗があります。できるだけ多くの現金を手元に置いておいて投資に回したいと私は思っています。後、めちゃくちゃ遠方から通っている人にとっては、6ヶ月分の定期を一気に支払うのは厳しいという意見もありそうです。

あと、企業によっては6ヶ月に1回、6ヶ月定期で計算した定期代を支給するところもありますが、その場合はこの支払方法でメリットは得られないということ。こういう場合はおとなしく、通常通り6ヶ月定期を購入することをオススメします。

そして、もっとも気をつけなければいけないのが、券売機や窓口で定期券を購入する段階では『一括払い』となっていること。そのため、後から分割払いに変更できるというサービスを充実させている大手のクレジットカード会社しかこの方法は使えません。

また、ご自身でクレジットカード会社のマイページにログインして、一括払いになっている該当の支払を分割払いに変更する手続きをしなければいけません。確かに少し面倒かもしれませんが、その半年に一度の少しの面倒でお得になるというのであれば、ぜひ活用すべきだと思います。

そもそも、分割払いや借金というものがなければ、資本主義はこれほどまでに繁栄することはなかったでしょう。分割払いも借金も利回りもうまく利用すればあなたの味方になってくれる非常に大きなチカラです。来月からは増税もあり、今まで以上に節約をすることが必須となっています。もしあなたがお勤めの会社が1ヶ月ごとにその月分の交通費を支払ってくれるのであれば、この手法を利用して、少しでも節約に励んでください。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました