【悲報】働き盛りの2割が貯蓄ゼロ。まずはお金を貯めることが大切

節約・お得情報
スポンサーリンク

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が公表している「30代・40代の金銭感覚についての意識調査 2019」では、「貯蓄0円」と回答した人が20%を超える結果に。しかも2018年では17.1%だったのに対し、2019年では23.1%に増加したと言うのです。5人に1人はうまくお金を貯められていないという現実を、どう受け止めればいいのでしょうか。

さらに言えば、現在貯蓄できているという人の貯蓄額の平均を見ると、30代では「194万円」、40代では「196万円」、全体で「195万円」と、働き盛りのこの世代で200万円に満たない結果となっています。

お金が貯まらないと嘆いている人に共通するのは、自分が贅沢をしている感覚がないということです。私が以前記事にした20代男性の場合でも、自分は周りにいる人間と同じようにお金を使っているだけなので無駄遣いだとも贅沢をしているとも感じていないのですが、赤の他人から見れば異常なお金の使い方をしているというケースも大いにあるのです。

【悲報】20代後半で年収350万円の男性、ガチで貯金ゼロの模様。贅沢してないのに貯金ができないんですよ。
「貯金が全くできないんですよ。全然贅沢をしているつもりはないのに。正直将来も不安というか、こんなことしてていいのかな…っていう気持ちにはなりますね。」そう語る田中さん(仮名)は現在27歳。大学を卒業後、地元の中小企業に就職してから...

そういう浪費の仕方を続けている人にはやはり何かしらの改善案が必要です。私がいつも勧めているのは、固定費の見直しです。スマホのキャリア見直しや保険の見直しなどで毎月1〜2万円程度の費用削減効果が期待できます。でも、やはりその程度では生ぬるいですね。節約するなら多少の辛抱強さも必要になります。

私が思うに、浪費家の方というのはあれも欲しい、これも欲しい、という状態になっているために手元にあるだけのお金を使い切ってしまうのです。それではいくらあっても足りるはずがないです。
なので私が提唱したいのは、個々人で「これだけは譲れない!」というもの。それだけは贅沢をしてそれ以外の一切はギリギリまで節約するというものです。ここで大事なのは絶対に譲れないものは1つに絞ることです。

例えば私は食事にはこだわりたいので食費はそれほど節約していません。一人暮らしながら毎月4万円くらいは使っています。ただ、それ以外はほとんど浪費しません。固定費はもちろんのこと、服飾費、交際費、その他の雑費類は、かなり削っています。出費が0円という月もあるほどです。交際費については、最近はデートで使うことも多いですが、それはさすがに削れません。大切な誰かと一緒に過ごす時間にかかる費用は浪費ではないですからね。

大事なのは、先に貯蓄する分のお金をとっておく。その後に残ったお金で生活するように心がけることです。ここで重要なのは、先に決まった額を毎月とっておく事です。残ったら貯めておこうではいつまで経っても貯まることはありません。今まであるだけのお金を全て使い切ってきた実績があなたにはあるのですから。信用してはいけません。何としても先に収入の一部をとっておくことを絶対に守ってください。

どれくらいの金額をとっておくのが適切かはその人の家族構成や生活習慣によっても変わるでしょう。ですが最低でも収入の1割は毎月貯めておきたいところです。収入の1割を貯めておくだけで、10ヶ月経てば、1ヶ月分の労働で得られる収入の分だけ貯蓄することができるのです。そう考えるとすごいパワーを持っていると思いませんか?最低でも1割毎月貯めるところから始めてみてください。

私の場合は独身ですし、ありがたいことに収入もこの歳にしては多めにいただいておりますので、収入の半分ほどを毎月とっておいて米国株の買い付けに充てています。お金を貯める習慣がついてからで結構ですので、貯まってきたら増やすことを考えましょう。お金をうまく使ってお金を増やすことが資産運用の目的です。お金を貯めるだけでは将来への備えとして不十分であることはすでに明白です。これからの時代、株式投資は全国民に必須となっていくことでしょう。少額からでも始めて、慣れ親しむことが大切です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました