1万円の重み

ブログ
スポンサーリンク

私がこのブログを開設してから、もうすぐ4か月経ちます。おかげ様で毎日楽しんで更新できています。いつも拝見いただきありがとうございます!

私がサラリーマンとして繁忙期でも閑散期でも毎日ブログを更新できるのは、もちろん楽しんでるというのもありますが、実際は、アドセンス収入が見込めるからと言うのもあります。

Google規約に引っ掛かるため詳しくは言えませんが、ブログ開設から4か月での収支は収入からサーバーの維持費とかの費用を差し引いて、ざっと1万円くらいじゃないかなと思います。趣味の一環で好きなこと言ってお小遣い稼ぎが出来ればそれでいいかな?程度に考えているのもあり、あまり収入にこだわっていないので正直、弱小ブロガーです。もっとアドセンスとかにも力を入れれば収入はアップするんでしょうけどね。アドセンス収入のためとはいえ、おススメできないものを紹介する気にはなれないです。

とはいえ、私のような弱小ブロガーのブログを見に来てくださる方のおかげで4か月で1万円の収入を得ることができました!ブログをやったことのない方からすれば、

『は?4か月でたった1万円?全然稼げてねーじゃねえか。そんなもんバイトすりゃ1日で稼げるわwww』

と思うかもしれません。ですが、この『1万円の重み』は、実際にブログを運営されている方にしか分からないだろうと思います。もちろんお金に色は付いていないと言いますから、バイトで稼いだ1万円もブログで何か月もかけて稼いだ1万円も同じ1万円です。ですが、私はその1万円の稼ぎ方には優劣があると考えています。

最もよくない稼ぎ方は当然、法を犯して稼ぐこと。窃盗や詐欺といった犯罪行為で手に入れた1万円はもはや稼ぐとも言えない。卑劣な行為です。論じるに値しませんね。

その上位に位置するのが、労働者として稼ぐこと。労働者は自分の時間を切り売りして1万円を稼いでいます。時間と言うものはすべての人間に平等に与えられているため、どれだけ努力したところで、労働者は1日24hぶんしかお金を稼ぐことはできません。バイトをすればすぐに1万円稼げるでしょうが、逆に言えば何年バイトをしていても1日に稼げる金額は1万円を大きくは超えないでしょう

さらにその上位に位置するのが、儲かる仕組みを作って稼ぐこと。儲かる仕組みを作って起業するも良し、私のようにブログを通じて過去の記事も資産としてストックしていくも良しといったところでしょうか。はじめのうちは労働者以上に働く必要がある上に儲かりません。時給換算すれば恐らく最低賃金なんて目じゃないくらいの低賃金です。ですが、加速度的に収入は上昇していきます。私がブログを開設して1か月目なんて数百円の収入でした。サーバー代を引けば大赤字です。

それでも続けたことで今は収支で1万円程度のプラスになっていますし、私がブログを更新し続ける限り収入は増えていくことでしょう。儲かる仕組みが稼働すれば、1日に稼げる金額の上限はありません。そこが労働者とは違うところです。

そして、最も上位に位置するのが、お金を使ってお金を稼ぐという方法です。これが私がブログで推奨している投資家・資本家の稼ぎ方です。もちろん、この中には儲かる仕組みを作って起業し、成功した方も含まれますが、起業家の稼ぎのほとんどは大株主としての配当金収入です。
例えば、ソフトバンクグループ(9984)の会長兼社長である孫正義氏の役員報酬は2億2,900万円とのことですが、彼が大株主として保有する同社株、2億3120万株からの配当金は、同社の1株当たり配当が年間44円であることから、101億7,280万円にも及ぶことが分かります。

この通り、投資家ともなればケタ違いの収入をたたき出すことができるのです。その反面、投資家として稼ぐには、元手となる大金が必要です。例えば、毎月1万円(年間12万円)稼ぐには、配当利回りが3%の株を400万円分購入する必要があります。確かに途方もない金額にも思えますが、みんなが気づいていないだけで、資本主義は誰にでも門戸を開いています。役所で開業届さえ出せば、あなたも晴れて経営者ですし、コカ・コーラ(KO)の株を1株買うのに6,000円もあれば事足りる時代です。

お金を稼ぐ方法は、上位に行けば行くほど、加速度的に稼げるようになる反面、お金を稼ぐハードルが上がっていくことになります。労働者として毎月1万円を稼ぐには、元手は必要ありませんが、投資家として毎月1万円稼ぐには、数百万円の元手が必要となるからです。

だからこそ、投資家の方が労働者より『1万円の重み』を理解していると言えるのです。ブログで稼いだ1万円をバカにしているようでは、その人は一生お金持ちにはなれないでしょうね。

↓ポチッとワンクリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました