株で儲けるのはラクなのか?

雑記
スポンサーリンク

株式投資をしていない素人の意見(というか批判)で『株で儲けるようなラクしやがって!』 というものがあります。私も周りの人間に公言している分、そのような批判を受けることもありました(主に40代以上の方に)。 では、株式投資で儲けるのはラクなのでしょうか?私はそうは思いません。

スポンサーリンク

株式投資は思っているより儲からない

そもそも大前提として、私は株式投資でそれほど儲かってる訳ではありません。 個別株として保有している企業群は毎年EPSを伸ばしており、絶好調ではあるものの、私が保有している株数はそのうちのほんの少しです。私が保有している株数では、持ち分比率で言えば銀行の預金利息である0.001%より低いです。1株でも株を所有していれば企業のオーナーたる株主を名乗ることは出来ますが、当然ながら株主同士の間では格差が生じます。株主はそれぞれの持ち株数に応じた利益を分配されるのが資本主義の絶対的なルールです。 吹けば飛ぶような少数株主である我々個人投資家に分配される富はそこまで大きくはありません。厳密には違いますが、分配される富を配当金と仮定するのであれば、私は現時点で、年間手取で60万円弱程度の配当金しかいただいておりません(為替で変動しますが)。月平均すると5万円です。こう聞くと、週末のアルバイトだけでも稼げそうな金額ですよね。もちろん、不労所得という性質があるため、将来性のある稼ぎではありますが、金額だけで見ると、株式投資は持分が少ないうちは大して儲かりません。 もちろん、含み益は日本円で1,000万円超ありますが、これからリセッションがくればすべて吹き飛ぶ可能性は高いでしょう。含み益は株主の儲けではありません。含み益も含み損も本質的には株主の損益ではなく、日々の変動の積み重ねで意味のない数字です。

ラクに儲けようとしてるのはどっちだよ

株式投資を批判をする方に限って、パチンコや競馬、宝くじと言ったギャンブルが大好きです。以前勤めていた会社は年齢層が高いため、株式投資に批判的な中年オヤジがたくさんいましたが、彼らは休日にはパチンコ屋でタバコを吸いながら一日を過ごし、『負けた時こそパーっと景気よく使わなあかんねや!』と言って夕方から寿司を食べ、浴びるほど酒を飲みます。ギャンブルに負けた時点でパーっと使っていることには気づいていないのです。

そして彼らが口をそろえて言うのが、「宝くじ当てて、こんなしょーもない会社辞めたんねん」です。しょうもないのは彼らの生き方そのものであり、宝くじなどの割の合わないギャンブルに興じているのは、彼らの方がラクに儲けようと考えていることの表れです。そんな人物に批判を受けたところで何とも思わないですが、邪魔でしかないのであまり関わらないでいただきたいというのが本音ですね。

周りの意見は気にしないのが吉

結局、こういった人種は、同じコミュニティに属しているくせに株式投資というよく分からないもので利益を上げている奴がいるというのが気にくわないだけなのです。 周りに理解してもらう必要は全くないですが、批判してきたり、株価が下落するたびに、『株のほうはどうなん?』とニヤニヤしながら聞いてくるような人は軽くあしらうのが吉です。

私だって、そういった方と話すときはあまりに話題がないので、「宝くじの結果はどうでしたか?」とか聞いちゃいますしね。大体返ってくる返事は決まってます。

「宝くじなぁ、当たってたで!300円やけど」「当たってたらとっくにこんなとこにおらへんわ」です。

それだけ、ラクにお金を稼ぐのは難しいということなのです。

↓ポチッとワンクリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました