エクソン・モービル(XOM)、一時株価70ドル割れで配当利回り5%超!今が買い増しのチャンスなのか?

雑記
スポンサーリンク

昨日、米国が対中関税の第4弾の発動を一部先送りにしたことで、米国株市場は一気に上昇に転じました。最近の市場はボラティリティが高くてなかなか買い増しのタイミングが難しいです。そんな中でも一際、買い増しのタイミングを難しくしている銘柄が1つあります。それがエクソン・モービルです。エクソン・モービルは2015年に石油価格が暴落したタイミングで株価も暴落したため、唯一のエネルギーセクターとして新規投資をしました。取得時の平均株価はおよそ74ドル。今の株価では、私が保有している個別株の中で唯一の含み損となっています

配当金を加味すれば損失が出ている訳ではないですが、数年ぶりの含み損の表示を見ると
『そろそろ買い時か…?』とは思うのです。思うのですが、食指が動かない。昨今のエクソン・モービルを取り巻く環境を見ていると、今こそ投資のチャンス!だと思うのですが、まだ下がるんじゃないかなと欲が出てしまいます。とまあ、そんなことをしている間に投資チャンスは潰れてしまうのですが。逆に2015年の自分、良く買えたなぁと思います。当時は分散投資のために新規銘柄を探していたとはいえ、4か月ほどかけて90ドルあたりから70ドル近辺まで暴落したエネルギーセクターの株に約160万円ほど投資するなんて、我ながら正気の沙汰ではないです。若気の至りです。

ですがその後、1年足らずで100ドル近辺まで株価は上昇し、それ以降はズルズルと上下しながら下方向に収斂してる感じです。70ドルを割ったら追加投資しようと考えてましたが、いざとなればなかなか難しいものですね。特に数年間、追加投資してなかった銘柄と言うのは今の株価で投資するのが妥当かどうかを判断するのが難しい。特にエネルギーセクターは原油価格の影響によって利益が毎年大きくぶれるため、判断しづらいという点もあります。

上記のチャートは過去5年の原油価格のチャートですが、私が前回投資した2015年の頃より今の方が原油価格は高くなっています。とはいえ、どのみち低水準であることには変わりありませんので、原油価格が低迷しているということはすなわち、エクソン・モービル株もまだまだ下落するリスクがあるということ。

しかし、唯一朗報なのが、先日発表されたエクソン・モービルの第2四半期の決算はコンセンサス予想を超える好決算であったため、同社に対して悲観するような状況ではないということです。

私がいくら考えても将来のことなど1ミリも分からないことから、過去の経験則も踏まえて、こういう下落局面ではやはり追加投資すべきなんだろうなと思います。また再びエクソンモービルの株価が60ドル台、出来れば60ドル台半ばまで株価が下落すれば、その時は少しずつ追加投資をしたいなと考えています。

↓ポチッとワンクリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました