【衝撃】50代の『6世帯に1世帯が貯蓄ゼロ』。あと20年で街中には『下流老人』があふれかえる

雑記
スポンサーリンク

最近、将来のお金の不安があおられるようなニュースが増え、真剣に資産形成を考える方が増えてきました。その中でも特に「老後2000万円騒動」が沸き上がり、老後不安を感じている人々はかなり多いことでしょう。

このかつてないほど蔓延する「老後不安」は、30代や40代の問題でもありますが、実は老後が近づいている50代で顕著になっている問題だということをご存知だろうか。

実は50代はお子さんが大学生や高校生といった家庭が多く、収入も多いがその分支出も多くなりがちなため、今の50代の日本人の6世帯に1世帯は貯蓄がゼロという衝撃の事実が明らかになった。

家計金融資産の年代別保有比率を見てみると、50代は全体の2割強。60代以上の世代で6割強を占めていることから見てもなるほど50代、というよりは、50代以下の世代の金融資産は少ないと言わざるを得ないだろう。

ファイナンシャルプランナーの深田晶恵氏は、「いまの50代は高収入に見えるが、じつはかなり厳しい現実に直面している」とコメントしている。このままいけば50代が大量老後破綻に追い込まれ、日本全国に「下流老人」があふれることになる。

スポンサーリンク

手取り収入の減少が原因なのか?

現在の50代がお金を貯められなかった理由の最たるものは手取り収入の減少と言われている。
例えば、額面収入700万円の手取り額はこの15年でおよそ50万円も減少していることがわかる。

年間の収入が50万円減少すれば確かに貯蓄に回す余裕は無くなるように思えます。
ですが、これは根本的な原因ではないと思います。そもそも現在の50代は15年前には30代半ば〜40代でした。それくらいの年齢で当時から年収700万円貰っていたのでしょうか?40代の世帯なら確かにあり得なくはないでしょうが、30代半ばだとどうだろうか?夫婦で働いて700万円を稼ぐのは難しかったんじゃないかなと思います。確かに手取りは減っていますが、直接的な原因はこれではない気がします。

結局、問題は計画性のなさ

2002年の頃は今より手取り収入の割合は大きかったはずですが、当時は30代。額面収入は700万円も稼いでいなかったからお金が貯まらなかったんだと主張する50代の方がいらっしゃるかもしれません。ですが、本当にお金を貯めることはできなかったのでしょうか?2002年というのは私が記憶している限りでは、日本のデフレが最も進んだ時期だったのではないかと思います。

日々、”価格破壊”というフレーズがメディアを飛び交い、マクドナルドのハンバーガーが1個59円で買えました。私は小学生でしたが、放課後や休日に友人とマクドナルドに足繁く通っていました。小学生でも手が出せる値段で育ち盛りの胃袋を満たすことができたからです。

当時のマクドナルドの看板
フランクバーガー懐かしいなぁ

当時のサラリーマンには必須だったスーツも上下セット1着2千円程度から買うことができました。これだけ物価が安い時期ですから、お金を貯めることができないなんていうのはただの言い訳ですよね。デフレの時代には現金が最強の資産となることから、この時期に貯金してなかったのは自己責任と言わざるを得ないです。

さらに彼ら50代はいわゆる『バブル世代』と呼ばれており、バブル期に新入社員として社会に出て若い頃から贅沢をし続けた世代です。いまだに「クルマを持つのが当たり前」「腕時計は最低でも100万円以上」「ゴルフもできないなんてあり得ない」などといった古臭い価値観の中で生きています。控えめに見ても浪費癖が染み付いてしまっているのがこの世代です。バブル崩壊後の時代の変化の中で社会人として生きてきたのですから、その中でお金を貯めておくことの大切さに気づけなかった面々はハッキリいって計画性がなく、怠惰だったと言わざるを得ないです。

老後が近いからといって諦めないで

ですが、投資をしようにも今ほど整った環境ではなかったかもしれない。まともな投資信託は販売されておらず、気づけば自分たちが就職活動をしていた頃には花形だった金融機関はすっかりあの頃の元気を失ってしまった。我々も諦めるしかないのか…などと悲観している50代の方にまだ諦めるべきではないとお伝えしたいです。

50代でも余剰資金は株式にフルインベストメント

50代であれば、まだ現役として10年は働くことは可能です。確かに教育費も相当かかるかもしれないですが、そもそもこの世代は浪費家が多いので、無駄の多い家計になっている可能性は大いにあります。収入は高いのですから、家計を見直して支出さえ抑えられれば十分な投資資金を確保できるはずです。今からでも遅くはありません。余剰資金を米国株にフルインベストメントしてみましょう。
私だって、20歳からの投資期間は10年に満たないですが、何の才能も経験もない若造が、10年足らずで老後に必要と言われている2,000万円を超える資産を築き上げたのですから。人生経験豊富なあなたになら可能だと思いますよ。もちろん、投資は自己責任ですが。。。

どうか『下流老人』にならない努力をしてください

とはいえ、投資経験がなければ投資の世界では初心者です。今までのあなたの人生経験は役に立たないかもしれません。そんな時にお役に立てるようなブログ作りを私は目指しています。簿記や会計の知識がなくてもわかりやすいように難しい用語はできるだけ使わないように心がけています。もちろん、私のような何処の馬の骨ともしれない若造のブログでなくとも、もっと投資経験の深い諸先輩がたも多くいらっしゃいます。彼らのブログを見て今からでも株式投資の勉強を始めてください。50代が『下流老人』になってしまえば、我々世代の負担がさらに大きくなってしまうのです。何歳からでも遅くはありません。どうかご自身で『下流老人』にならない努力を今からでも初めてみてください。

↓ポチッとワンクリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました