「何を買えば儲かりますか?」と聞かれても困る

投資の考え方
スポンサーリンク

投資の素人から受ける質問の中で、「何を買えば儲かりますか?」と言うものがあります。ハッキリ言いますが、これは一番の愚問です。なぜなら、彼らの質問の裏には

「何を買えば(すぐに)儲かりますか?」

と言う魂胆が隠れているからです。誰だってそうですができるだけ早くお金持ちになりたい。今すぐにでも儲かる儲け話が欲しいに決まっています。

その質問には私はまともに答えないことにしています。なぜなら、私には買えばすぐに儲かる銘柄を選ぶことなんて不可能だからです。特に私は自分でもギャンブルには弱いと理解しているので、当てずっぽうにでも儲かる銘柄を教えることはしません。

株式投資は短期的に見ればギャンブルです。投資元本は保証されていませんし、株価は毎分毎秒、上下します。株式投資は、短期的にはギャンブルのハイ&ローに似ています株価が上がるか下がるかを当てるだけのゲームです。


投資の素人は特に株式投資を通じて短期的に儲けることばかり考えがちです。「何を買えば儲かりますか?」と聞いてくるような人に30年かけてS&P500やNYダウに連動するETFに積立投資をすることを勧めても、明らかに思ってるのと違う…と言わんばかりの表情を見せられます。短期的な思考を捨てられない限り、株式投資についてアドバイスできることはありません。と言うか、まず始めにできるアドバイスが、「短期的な思考を捨てて、長期的に考えること」ということになりますね。

さらに、「何を買えば儲かりますか?」と言う質問には、無責任が内包されています。「株で儲けるためには何をすればいいですか?」ならわかります。前向きで素晴らしい質問です。

ですが、「何を買えば儲かりますか?」は無責任です。その質問に答えて買った株が下がったらこちらの責任ですよね。この質問は自分で考えることを放棄した愚問です。こんな質問をしてくる人はおそらくいつまでたってもお金持ちにはなれないでしょうし、そもそもオススメしたとして株式投資を始めるかどうかも怪しいところです。自分から株式投資を学ぼうと言う気が全く感じられない

どんな世界も一生、勉強です。株式投資の世界でもそれは同じです。自分で勉強して自分なりの投資方法を見つけて、それに合った銘柄を選ぶことにこそ価値がある。むしろ自分の価値観に合っていない株を買って大儲けしたとしてもそれはただの「まぐれ」であり、成功した投資とは言えないのです。

あなたが株式投資を通じてお金持ちになりたいのであれば、「何を買えば儲かりますか?」などと言う質問をすることはやめてください。
そして仮に、この質問に最も的確に答えるとするならば、前述の通り、

「S&P500かNYダウに連動するETFを買う」
と言う回答になります。ただし、結果が出るまでに何十年とかかる覚悟はしておいてください

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました