投資で損したら、その分で何か買っておけば良かったな〜とか後悔しませんか?

投資の考え方
スポンサーリンク

私が株式投資をしていることは周知の事実となっています。ですのでたまに、株式投資に興味はあるけど始めていないという方から、話題を振られることがあります。そういう時によく言われるセリフが、

「投資で損したら、その分で何か買っておけば良かったなーとか思いませんか?」

というものです。今回はこのご意見に反論したいと思います。

スポンサーリンク

株価の上下に一喜一憂しない

私は持ち株の株価はあまり見ないようにしています。毎日米国株市場が始まったら買い時はないかな?と確認することはありますが、SBI証券にログインするのは実際に買い付けを行う時くらいです。資産総額が大きくなってくると日々の株価の値動きは相当大きくなってきます。たまに時価総額で100万円近く下落することもありますし、逆も然りです。ですが、そう言った日々の株価に一喜一憂して『損した100万円で軽自動車でも買っておけばよかったかな』などとは考えたこともありません。株価はそのタイミングでの価格に過ぎず、本当に大切なのはむしろ株数です。株数に応じて配当金が支払われるのですから、持ち株の株価よりも持ち株数を意識する方がはるかに有意義でしょう。

株で損をした分で何か買っておけば…という思考そのものが貧乏の証

たとえ、持ち株の時価評価額が100万円下がったとしても、私は安くで買い増しするチャンスが来た!ラッキー!くらいにしか考えていません。むしろちょっとの株価の変動で100万円近くも株価に影響が出るほど持ち株を増やせることができたのだなと感無量な気分にさえなります。
「投資で損した分、別のものを買っておけば」という発想がそもそも貧乏人の発想です。無駄遣いと投資の違いがわかっていないです。私の実体験として貧乏人のほうが「損したくない!」「あの時ああしていれば…」と言った思考回路の人が多いです。そのくせ損したくない割には節約に力を入れる訳でもないですし、後悔する割には行動を起こしません。まあ、行動に起こさないからこそ後悔する機会も多いのかもしれませんが。。

株を買って後悔するくらいならご自身の趣味のモノにお金をかければいいと思います。ですがそういった自分の欲望を優先している限り、あなたが資産形成できる可能性はどんどん遠のいていくでしょう。

私がブログで発信できるのは、『時間も有限なので、いち早く投資を始めることをおススメするよ』という意見だけです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました