【悲報】月収は手取りで毎月わずか17万円、子供もできたのに貯金もできず苦しいです

節約・お得情報
スポンサーリンク

今回のご相談者は30代のご夫婦です。家族構成は、夫・32歳、妻・30歳、子供・1歳の3人家族です。 もともと夫婦共働きで仕事をしていたものの妊娠を機に奥さんが退職。子供ができるので広い家に引越し、生活費も夫の収入だけでは成り立たず、すでに貯金を使い果たし、現在はほぼゼロに等しい状態です。

スポンサーリンク

収支

今回のご夫婦の収支はこちら
収入:17.3万円
給与(手取):15.8万円
児童手当:1.5万円


支出:17.2万円
家賃:3.2万円(半額会社負担)
交通費:0.5万円
食費:4万円
光熱費:1万円
通信費:2.3万円
教育費:1万円
小遣い:1.5万円
雑費:2万円
保険料1.7万円

これ以外にも賞与が年間で20万円程度あるのですが、突然の出費があるたびに赤字が発生し、賞与は全額その補填に消えてしまうのだそう。確かに、収入が17万円台と低く、なかなか家計を見直すのは容易ではないように見受けられます。では、こういったケースではどのように家計を改善させるのが良いでしょうか。

家計で見直せるのは通信費と保険料

今回のケースでは家計で見直せるのは通信費と保険料くらいです。まず通信費が夫婦二人で2.3万円は高すぎます。色んなケースを見ていますが、収入が低い層のほうが、スマホのプランの見直しをせず、割高な料金を受け入れていることが多く驚かされます。節約家にはおなじみのMVNOへの乗り換えを実施すれば通信費はお二人合わせても8千円程度に抑えることが可能です。

保険料についても、ご夫婦合わせて月額1.7万円の保険料は高額すぎます。お子さんもいらっしゃいますし、貯蓄がゼロということで医療保険くらいは加入してもいいかと思いますが、それでも保証は最低限で構いません。非喫煙者の32歳の男性であれば、医療保険の月額費用は1,430円~、30歳の女性であれば1,375円~と2人合わせても月額3千円で事足ります

共働きで収入アップを

お子さんはまだ1歳で手のかかる時期でしょうが、いち早く保育園を探してパート勤務などを始めることをおススメします。保育園の費用もプラスでかかりますが、それ以上に収入を上げることを優先すべきだと思います。

仮に保育園に入園したとして、パート収入が費用を上回り、4万円収入が増えれば、現在の収入が約25%も増加したことになります。 元の収入が低いほど、共働きでのパート収入や副業からの収入が与える影響は大きくなります。蓄財をするにはまず、収入を上げる努力をする必要があります。

また、 旦那さんも30代で手取17万円は少なすぎます。こちらのご夫婦のお住まいは近畿地方ですが、私も近畿で生活していましたので実感として分かりますが、手取17万円(実質15.8万円)は中小企業の新卒1年目だとしても少なすぎます。せめてもう少し収入が見込める会社に転職することをおススメします。ただし、貯蓄ゼロということですので、現職を辞めてから転職活動をしようなどという悠長な時間は無く、仕事をしながら次の仕事を探すことにはなりますので、長期化は覚悟しておいてください。決して一時のテンションで見切り発車の退職をしないこと。それさえ気を付ければ今よりも収入面で良い条件の企業はたくさんあるだろうと思います。今の時代、それほど気にする必要はありませんが、一般的には転職可能な年齢は35歳までと言われておりますので、今すぐに行動に移すのが吉と言えるでしょう。

まとめ

改善後
収入:17.3万円
給与(手取):15.8万円
児童手当:1.5万円

支出:17.2万円⇒14.3万円
家賃:3.2万円(半額会社負担)
交通費:0.5万円
食費:4万円
光熱費:1万円
通信費:2.3万円⇒0.8万円
教育費:1万円
小遣い:1.5万円
雑費:2万円
保険料1.7万円⇒0.3万円


※収入の増加は考慮しておりません。

一見難しそうでしたが、毎月の固定支出を3万円ほど抑えることが出来ました。これに加えて収入アップが見込めれば家計を貯蓄体質に変えるのはそれほど難しいことではないということがわかります。 まずは徹底した固定費の削減+収入の増加が第一です。そこから先は貯蓄をするばかりではなく、S&P500などの右肩上がりの指数に長期投資し、安定した資産形成に着手することをおススメしております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました