【KO】コカ・コーラ(KO)株価史上最高値更新!2Q決算は順調

決算
スポンサーリンク

コカ・コーラは23日、2Qの決算を発表した。内容は以下の通りです。

スポンサーリンク

主な指標

・売上高:99.7億ドル(市場予想:97.9億ドル)
・EPS:0.63ドル(市場予想:0.61ドル)

詳細

堅調な成長を見せており、米国内市場は低調だったものの、国外で低糖飲料の販売が伸びたことが寄与したとみられる。無糖の炭酸飲料である「コカ・コーラ・ゼロ・シュガー」は7四半期連続の2ケタ%の伸び率を示し、まさに盤石の体制と言える。

また、今回の発表でコカ・コーラは通期の売上予想を従来目標の4%増から5%増に上方修正した。 さらに同社は2018年に英国のコーヒーチェーン最大手であった『コスタ』を39億ポンド(約5,600億円)で買収しており、同社と共同開発した缶コーヒーを英国で発売したほか、高収益率を誇るエナジードリンク市場にも参戦し、コカ・コーラエナジーを世界中で展開している。また、日本では今秋からレモン酎ハイの全国販売を始めることとなり、ジェームズ・クインシー最高経営責任者(CEO)は、「日本市場特有のことだ」としてグローバル展開は否定したものの、アルコール飲料の販売についても力を入れている。

コカ・コーラは買いか?

コカ・コーラは、2015年頃より事業再編に力を入れており、費用が掛かる割に収益率の低いボトリング事業をパートナーにフランチャイズすることで、ここ数年売上高は減少しているものの利益率は大幅に改善しており営業利益率は2014年時点の21.11%から2018年時点では30.7%まで上昇している。

さらになんと言ってもコカ・コーラ最大の強みは社名にもなっている『コカ・コーラ』の特許を持っていること。そして何と言っても、ウォーレン・バフェット氏に「何千億ドル貰ったとしても、コカ・コーラをシェアトップの座から引きずりおろすことはできない」と言わしめたほどのブランド力です。 たとえどれほど不況に陥ったとしても、世界中からコカ・コーラが無くなることは考えられません。私はほとんどコカ・コーラは飲みませんが、ミニッツメイドや綾鷹、いろはすなど炭酸飲料以外であればコカ・コーラには大変お世話になっています。

とはいえ、今の株価は少し割高かな?昨日、6%以上株価が急騰した結果、PERは34.9倍にまで上がりました。現在EPSから見れば、期待リターンは2.9%程度ということになります。

未だにコカ・コーラは成長しているとはいえ、投資家たちはリスクを忘れているようにも見えますね

不況の最中でも消費され続けたとはいえ、リーマンショック時にはピーク時の31ドルあたりから21ドルまで33%程度下落したことを覚えておかなければなりません

逆に、コカ・コーラほどの超優良株がこれほど暴落しているタイミングこそ買い増しのチャンスと言えるでしょう。コカ・コーラは買い増ししたいなと思いながらもここ最近はずっと傍観しています。株価が下がったタイミングでは5株単位とかで試し買いはするかもしれませんけど、大きく買い増す勇気はないなぁ。それなら他の軟調な個別株を優先して買い増すという判断になりそうです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました