芸能界を見てると、30年後の未来なんてわかるわけないよなぁ・・・と思った

雑記
スポンサーリンク

私は、今でこそほとんどテレビを観る機会が減りましたが、昔はかなりのテレビっ子でしたし、関西人ですからお笑いとかバラエティが大好きでした。今では全国区となった千鳥さんも関西ローカルで活躍されていた頃から大好きでよく観ていました。

母と二人でテレビを観ることも多かったのですが、母は『あの人は今』系の番組が好きでよく観ているのですが、私には全くわからない昔の芸能人なので、それはちっとも面白くありませんでした。母によく「アンタは、大橋巨泉知らへんねんなぁ」と言われていました。確かに大橋巨泉さんのことは名前は知ってるけどテレビで拝見したことはありませんでした。

それから10年近くが経ち、私もアラサーになりました。私には、現在小1の甥っ子がいるのですが、以前実家に帰った時に、島田紳助さんの話をして、彼に「誰それ?知らん」と言われ衝撃を受けました。
島田紳助さんが引退されたのは2011年、彼が生まれたのが2012年なので知らなくて当然です。

その時に、何となく10年前の母の気持ちがわかった気がしました。タレントさんって水物ですから時代をしっかりと反映させます。大橋巨泉さんは生前、引退された訳ではないので、島田紳助さんと比較するのは違うのかもしれませんが、テレビに引っ張りだこだった超人気司会者の方がある時代からパッタリとテレビに出なくなったという点では共通していると思います。

現在、闇営業問題で揺れている芸能界ですが、仮にこのまま宮迫博之さんが引退されるとしたら、私に子供が出来たら、「宮迫さんって誰?」状態になるんだなとふと思いました。

こうして時代を代表するテレビスターの隆盛と衰退を見ていると、30年後の未来がどうなるかなんてわかるわけ無いよなぁと考えてしまいました。そもそもアラサーの私は、まだ30年も生きていません。そんな私が「米国株に30年間長期投資すれば~」などと話すのもおかしな話です。もちろん間違っているとは思いませんけどね。いろんな書籍を読み漁って、歴史が米国株への長期投資が有効であるということを証明しているのですから、投資スタンスを変えようとは一切思いません。

ただ、『一寸先は闇』という言葉があるように、本当に未来はどうなるか分かりません。それは仕方のないことですし、これからの未来が今までの過去と同じように隆盛と衰退を繰り返しながら成長していくのかなんて分かりません。

それでも私が株式投資を愚直に続けるのは、何も行動を起こさなければ、今の延長線上には確実にジリ貧になる未来が確定しているからです。日本の将来が危ういのは否定できないです。

30年後の未来なんて分かりませんが、今のままだと30年後には私は50代後半になり、人生が100年時代なら折り返し地点に着いた頃です。まだまだ先は長いのに、ちっとも給料も上がらないし、働いても働いても生活は良くならないばかりか、昔の方が良かったな。。。なんて思い返すかもしれない。そんなつまらない50代に私はなりたくない。だから可能性を信じて株主になることを私は選択します。

あなたも私と同じく、未来のことなんてわからないはずです。わからないけど漠然と不安を抱えている。そんなあなたは株式投資を始めるべきです。未来のことはわからないですが、未来は確実にあなたの元にやってきます。その時になって慌てても遅いので、少しずつでいいから未来に向けて準備をしていきませんか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました