りそな銀行、『元本95%保証』の投資信託を販売

投資の考え方
スポンサーリンク

りそな銀行は昨日16日より、元本の95%を保証するという投資信託『みつぼしフライト』の販売を開始した。市場の変動によって値動きする投資信託の中で元本の一定割合を保証をするという試みは国内銀行では初めての試みです。

当該商品の購入を検討している50代男性曰く、「今まで投資信託を全くやったことがないのであまりリスクが高いものに投資したくない。ローリスク・ローリターンではあるが取っ掛かりとしては良いのではないか」とのこと。

なるほど確かに彼の主張は一理あると思います。彼自身も50代ということですので、それなりに投資資本となる貯蓄はお持ちのはずですし、ローリスクローリターンの運用は理に叶っているようです。では、みつぼしフライトは初心者にオススメできる商品なのでしょうか?

みつぼしフライトは日本を含む世界の債券・株式・REIT(不動産投資信託)に分散投資し、市場の動向に合わせてリバランスするという一般的な投資信託と言えるでしょう。ただし、運用期間は10年間に設定されており、長期投資としては不安な期間です。

さらに最も問題なのが、保証料システムです。みつぼしフライトでは運用管理費用として、最大預かり資産総額の1.2204%もの手数料がかかります。さらにそれに加えて元本保証をするための保証料なるものが0.216%かかるというのです。つまり、管理費と保証料を合わせると毎年資産総額の1.5%弱が手数料として取られることになります。


さらに、同行によれば、みつぼしフライトが目指す目標リターンは年2%台前半とのこと。
リターンが2%の商品に手数料が1.5%取られてしまうのです。どうですか?聞いただけでも儲かりそうにないでしょ?まあ、そもそも銀行が対面で販売する投資信託なんかにまともな商品が含まれているはずがないのですが、みつぼしフライトはローリスク・ローリターンを口説き文句として投資知識のない初心者を呼び込み、無知な人間から高額の手数料を奪い取っていくスタイルの商品なのかなと感じました。

初心者のうちからあまり儲からない商品をつかまされると投資アレルギーにかかってしまう恐れがあります。私はみつぼしフライトには投資冥利がないと思いますね。こんな商品に資金を投入するくらいなら他にもっと優良な投資信託やETFがあります。初心者だからこそしっかりと学び、適切な金融商品を買い続けることをオススメしたいと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました