NYダウ一時、史上初の27,000ドル超え。最近、楽観的な声が増えた気がする。

投資の考え方
スポンサーリンク

11日のNY株式市場ではNYダウが一時27,000ドルを初めて上回り、史上最高値を更新しました。

NYダウは2009年時点で7,000ドル台でしたが、その後大きな調整の場面もなく、10年間で2万ドルも上昇しました。

私が個別株で保有している銘柄は9銘柄すべてNYダウに採用されている銘柄です。NYダウ30種のうち9銘柄ということはNYダウの30%に投資をしていることになります(金額の比率では違いますが)。こういった事情があるため、私はETFではS&P500に連動するVOOを購入しています。
NYダウに連動するETFもありますが、個別株でNYダウの3割に投資しているのだからETFはS&P500に投資しようという単純な理由です。

さて、NYダウはこれからまだまだ成長するのか?というとはっきり言ってしまえばわかりません。
今年中にNYダウは3万ドルを超えるぞ!」という声が聞こえてきたので、今年中に3万ドルを超えるのは難しいかなと感じています。人の楽観的な予想というのは、なかなか外れるものです。人々が楽観的になった時が大体ピークと言われていますので、もっと楽観視されればリセッションの足音は確実に近づいてくることでしょう。

最近、twitterでこの高値域で「○○買いました!」というツイートが増えているように見受けられます。投資家が増えてくれたのであれば嬉しい限りですが、楽観的なツイートが多くて、ちゃんと調べた上で投資したのだろうか?と心配になってしまいます。別に彼らが投資で損をしたからと言ってどうということはないのですが、やはりまともな長期投資家の仲間が増えて欲しいなと思っているので、そのまま何十年も持ち続ける投資家になって欲しいものです。

NYダウは今年中に3万ドルは超えないかもしれませんが、確実に我々20代が生きている間に3万ドルは超えるはずです。3万ドル程度なら通過点と言えるでしょう。NYダウも10年で3.8倍に伸びたため、同じ成長率を遂げるなら、2030年にNYダウは10万ドルを超えてくることでしょう。

我々長期投資家が大切なのは、楽観的な市場でも楽観視し過ぎず、悲観的な相場でも悲観的になりすぎず、市場に残り続けて株を買い増し続けるという姿勢を忘れないことです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました