【悲報】30代男性「iDeCoを始めてから損失続きで消費者センターに相談してみようかと思います」

投資の考え方
スポンサーリンク

30代男性「2年くらい前からiDeCoっていうのが話題になってたので、私も始めてみました。勤務先が中小企業でもし定年まで働いても退職金なんて少ないですし…少しでも退職金の足しになればと思って始めたのですが…iDeCoを始めてからこの2年間で損失が膨らんでしまって、困っています。政府のお墨付きだっていうから始めたのに!消費者センターに相談しようかと思います。」

こちらは株価が下落していた昨年末頃に知り合いから受けた相談です。長期投資を前提としているiDeCoに資金を投じるなら以下の2点は抑えておく必要があります。

スポンサーリンク

iDeCoは定年まで資金を出すことが出来ない。日々の値動きは気にしないこと

まず始めに彼に言いたいことはiDeCoは個人型確定拠出型年金と言うように、個人が拠出した資金を元に個人が選んだ金融商品を運用し、60歳以降に年金または一時金として受け取る制度です。
30代の段階で日々の値動きに一喜一憂する必要はありません。30代から60歳まで30年余りの運用期間があれば、運用先の金融商品さえ間違えなければ運用実績はプラスになります。
iDecoを利用したということは長期投資をするしかないのですから、始めの数年間運用実績が悪かったからと言って積立をやめてしまったりするのは大変もったいないことです。自分で選んだ商品ですから途中でリバランスや金額変更をすることはあっても、できるだけ積立をやめることは控えましょう。資産形成のカギは長期積立投資にあるのです。

投資は自己責任。消費者センターは何もしてくれない。

こちらも投資をしていれば当然おかしいと感じるのですが、投資商品で損をしたら消費者センターに駆け込もうという方が一定数いらっしゃいます。昨年の初めころ、仮想通貨が流出したコインチェック事件の際にも消費者センターに駆け込んだ仮想通貨の投資家が多く発生したそうです。

何度も申し上げるように、投資は自己責任ですし、そもそも金融商品は消費しているわけじゃないですよね。投資をしているのに消費者の立場で考えているというのは投資に対して自己責任という考えがまだ出来ていない証拠です。自ら考えて選んだ投資商品ですからそれで損失を被ったとしても消費者センターは取り合ってくれません。投資は自己責任。ということを肝に銘じておきましょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました