お金を稼ぎたければ、お金を目的としないこと

雑記
スポンサーリンク

私が株式投資を続けているのは、一言で言えば『お金を稼ぐため』です。資産形成をすることで、自分の資産を最大化したいと考えています。もちろんそれは否定しないのですが、私が株式投資を続けられる理由はひとえに株式投資が好きだからです。株式を所有し続けることで自分が社会に役立っているんだなと感じる瞬間がたまらなく好きです

例えば、自分がお金を支払う時にVISAブランドのカードで支払うことでビザ(V)の株主として社会貢献していると感じますし、私は普段から洗濯洗剤にアリエールや柔軟剤のレノア、食器用洗剤のジョイを利用することで、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)の株主として社会貢献しているんだなと感じています。

お金というのは社会貢献の結果、付いてくる付属品の様なものです。株式会社が利益を上げることが出来るのはそれだけの利益分社会に貢献したという証拠なのです。

『お金を稼ぐこと』自体を目的としている限り、お金を稼ぐことはできません。仮想通貨やFXで大損をして市場から強制退場させられる人が多いのは、それらのツールを利用して『お金を稼ぐこと』を目的としているからです。仮想通貨にしろ、本当にビットコインの将来性を支えるために、初期から投資を続けている人がいれば、すでに億万長者となっているでしょう。

株式投資も同様に、『お金を稼ぐこと』を目的としてしまうとどうしても短期的なリターンを求めざるを得なくなります。株式投資は長期的に見ればプラスとなるのは実証されていますが、逆に短期的には非常にリスクが高い商品でもあります。日本人には、株式投資がギャンブルという誤った認識が根付いていますが、それは日本人が短期売買を繰り返してきたからにすぎません。日本人の株式投資家のイメージと言えば、1日中モニターに張り付いているデイトレーダーなのです。

彼らは株式市場からお金を稼ぐことが目的なため、多くのトレーダーが退場する羽目になるのです。株式投資を通じてお金を稼ぎたければ、お金を稼ぐことを目的とせず、何十年単位でその企業の株を買い増し続けて、その企業を支えるという覚悟が必要なのです。株式投資はお金を稼ぐ手段の一つではありますが、それ自体を目的としないことをオススメいたします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました