【運用実績】2019年6月末のポートフォリオ

ポートフォリオ
スポンサーリンク

いよいよ6月も今日で最後となり、一年の半分が過ぎようとしております。今日は株価が動きませんので、6月末のポートフォリオを公開いたします。

今月の買い付けは毎月恒例のVOOと久々にシスコ・システムズ(CSCO)を買い増ししました。
6月は全体的に株価が堅調に上昇したため、ポートフォリオ全体では前月比で16,048.07USDの増加(前月比+6.8%増)となりました。

スポンサーリンク

ポートフォリオグラフ

先月末と比較して、割合は変化しておりませんが、マイクロソフトの株価が前月比8.3%増と大きく上昇したため、コカ・コーラ(KO)を抜き、ポートフォリオの第4位となりました。
それぞれの個別株の前月末比の増減率は以下のとおりです。

6月は5月中に米中貿易戦争の懸念が原因で大きく売られたことから買い戻しのリバウンドがあったため、保有株の株価は全銘柄前月比プラスで終えることができました。ただ、NYダウ全体と比較したらちょっと弱いかな?と感じます。まあ、単月の増減はどちらでも良いんですけどね。
そんな中、原油高が好感されたり、イラン情勢が影響したりとエクソンモービル(XOM)はボラティリティが高かったですが、前月比8%以上の上昇と健闘してくれました。

セクター別ポートフォリオ

全体のポートフォリオの比率が変わっていないので、セクター別のポートフォリオも特に変わらずといったところですね。近々、ヘルスケア・医薬品セクターの個別株を追加購入するかもしれないです。IT、生活必需品、ヘルスケア・衣料品の3セクターのバランスをよくするためです。
候補は、先日、アラガンの買収を発表し株価が大幅に下落したアッヴィ(ABBV)ですが、その後すぐに上昇しておりますので、そのままスルーする可能性もあります。アッヴィは高配当利回りですが、収益の柱が特許切れのヒュミラだけということで見送っておりましたが、今回の買収でヒュミラ以外の収益の柱を確立できるのであれば、今の株価でも割安かもしれません。今後もウォッチを続けたいと考えています。

まとめ

6月は結果的に大きく上昇しましたが、7月は米中貿易戦争のリスクが再燃し、下落する可能性は高いはず。現在、キャッシュポジションが増加しておりますので、大きく下げるようであれば積極的な買い増しを行うつもりです。まあ、堅調に成長しているとしても淡々といつも通りの買いを続けるだけです。継続して買い増し続けるのが一番重要です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました