インデックス投資を勘違いしている残念な素人

雑記
スポンサーリンク

だから全員が全員、40年間6%勝ち続けるっていう前提がまず乱暴でしょ。投資は勝ちも負けもあるんだから。そんなに楽なら苦労しない。

twitterより
スポンサーリンク

40年間6%勝ち続けるっていう前提

随分素人くさいツイートを発見してしまいまして、思わず反応してしまったのですが、まず40年間6%勝ち続けるっていう前提などとは誰も発言しておりません。いつも申し上げているとおりS&P500は過去、『平均』6~7%のリターンを見せております。平均ですので、毎年必ず6%成長するという訳ではないんですよね。当然ながらプラスになる年もあればマイナスになる年もある訳で、長期的に見て平均6~7%の成長をしますよ。というお話です。仮に40年間、毎年コンスタントに6%勝ち続けることが出来るのであれば、年齢に関係なく全国民が預金なんてやめてS&P500に投資することをおススメします。いつ投資しても毎年6%のリターンを得ることが出来るのであれば、0.001%の金利しかつかない普通預金にお金を置いておく必要がないですよね?というか毎年6%勝ち続けるのであれば、ノーリスクということですよ。そんなのありえない。40年間毎年6%勝ち続けることは現実的に言って不可能です。

そんなに楽なら苦労しない

仮に、40年間毎年6%勝ち続ける投資商品があったとして、そんなに楽なら苦労しないというのもどうかと思います。あなたは本当にそれで苦労しませんか?40年間毎年6%勝ち続ける投資商品に愚直に投資し続けることができますか?ビットコインなどの仮想通貨が1年で数倍に化けたり、GAFAのような急成長の個別株が台頭してきたとして、あなたはそれを横目に40年間もの間、毎年6%の安定したリターンを求め続けることができるでしょうか
6%のリターンと言うことは、1年目に投資した元金が2倍になるまでに12年かかる計算となります。40年もの間同じものに投資をし続けるのってかなり大変だと思います。私はまだ40年も生きていないので憶測にすぎませんが、その期間の間に何が起きるか分からないからです。6%勝ち続けると言われていてもどこかで本当に6%勝ち続けるのか?と疑問に感じることもあるかもしれません。長期投資は思っているより難しく、楽でもなければ、苦労しないなんてことはありえないと考えています。

まとめ

現実は好調な時期も不調な時期も投資をし続けた長期投資家が市場では報われることとなっています。10年間続いた米国の好景気がそろそろ終わりを告げようとしている今、投資が「ラクで苦労しないもの」だと勘違いしている投資家の方はもう一度気を引き締める必要があるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました