【衝撃】巡査長、特殊詐欺に便乗して1千万円超を騙し取る

雑記
スポンサーリンク

特殊詐欺対策と称して高齢者宅を訪問して計1,180万円をだまし取ったとして、京都府警は15日、同府警山科署地域課巡査長の高橋龍嗣容疑者(38)=京都市中京区西ノ京内畑町=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。捜査2課によると、高橋容疑者は昨年11月8、15日、京都市伏見区の一人暮らしの男性(78)の自宅を訪れ、特殊詐欺を防ぐという名目で「お金を預かっておく」とうそを言い、2回にわけて現金を詐取した疑いがある。最初に500万円、次に680万円を受け取っていた。
高橋容疑者は当時、伏見区の伏見署砂川交番に勤務。昨年11月8日、金融機関から「男性が680万円を引き出そうとしており、特殊詐欺被害の可能性がある」と府警に連絡があり、高橋容疑者は金融機関に駆けつけて男性と知り合った。同じ交番の上司である巡査部長と一緒に説得にあたり、男性は出金を取りやめたという。
高橋容疑者は同じ日、巡査部長と一緒に男性宅を訪れた。男性は府警に対して、「巡査部長が席を外したとき、『お金を預かる』と言われ、自宅にあった500万円を渡した」と説明しているという。さらに非番だった同月15日、高橋容疑者は単独で男性宅を訪問。この日に金融機関から出金させた680万円を受け取った。前日の14日、高橋容疑者は金融機関に電話を入れ、「(男性が)どうしても680万円をおろしたいと言っている。出金手続きを進めてほしい」と伝えた。電話では肩書を明かして名乗り、金融機関は伏見署に電話して在籍を確認できたため、現金を渡してしまったという。
府警によると、高橋容疑者は「預かったが、借りたつもりであり、だますつもりはなかった」と容疑を否認。「FX(外国為替証拠金取引)の投資に使った」とも供述しているという。

現職の警察官という立場を利用して、特殊詐欺に引っかかりかけた騙しやすそうなお年寄りから搾取するという新手の詐欺として衝撃を受けました。今の時代、警察官であれ信用することができません。さらに闇が深いのが容疑者の証言です。容疑者は損失を埋めるためか、だまし取ったお金を勝手に利用してあわよくば儲けようとしたのかは不明ですが、FXで利用するためにお金を『借りた』つもりだったと否認しているとのこと。これは典型的なギャンブルにのめり込んだ依存症のクズ人間が陥る危険な思考回路で、お金が目の前にあればそれが必要経費であれ、他人のお金であれ、これがあればギャンブルができる、次こそは一儲けできる、と後先が考えられなくなり、優先順位がギャンブル一筋になります。すると、本人からすれば、本気でお金を借りただけという思考回路になり詐欺、窃盗などに加担したつもりはない。と本気で信じるようです。

当然、これは立派な犯罪であり、情状酌量の余地はありません。これからの時代は、警察官といえども、簡単に信用すべきではなく、『お金を預かる』など意味不明なことを言ってきた場合は最大限警戒する必要があります。例えば、皆さんが小学生の頃、母親から『お年玉は預かっておくね』と言われて、預けたお金が戻ってきた試しがあるでしょうか?たとえ身内とは言え警戒する必要があるということですね。笑
あなたのお金をきちんと管理できるのはあなただけです。そこには当然、資産運用という意味も含まれています。あなたのお金をしっかり自分自身で管理し、余剰資金を投資に回して財産を築くのも、FXで破産して線路に飛び込むか、サラ金に借りるか、はたまた詐欺や窃盗といった犯罪行為に手を染めるのか…全てはあなた次第ということです。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました