【考察】1億円分の株式を保有していればアーリーリタイアしてもいいのか?

投資の考え方
スポンサーリンク

アーリーリタイア(早期退職)…毎日サラリーマンとして身を粉にして働いている我々にとってはなんと甘美な響きでしょうか。おそらく、株式投資をしている理由として、将来アーリーリタイアを目指しているからという方も一定数いらっしゃるのではないでしょうか。保有株からの配当金は完全な不労所得ですので、例えば配当利回り4%の株を1億円分保有していれば、それだけで年間400万円の配当収入が入ってきます。日本人の平均年収が420万円と言われていますので、400万円の不労所得があれば、働く必要はないとお考えの人も多いでしょう。ですが、アーリーリタイアを考えるのはもう少し待ったほうが得策だろうと思います。

スポンサーリンク

配当金はあくまで再投資するもの

仮に、配当利回り4%の株を1億円分保有しているとして、入ってくる収入は400万円です。あなたがもしアーリーリタイアして働かないのであれば、その400万円で1年間生活をしなければならないことになります。もちろん、年間400万円あれば生活に困窮することはないでしょうが、そこまでとなってしまいます。もし、全額を使い切ってしまえば、株式に追加投資をすることはできなくなります。それでは仮に株価が半値になった時や、もしも減配をしてしまった時など、不測の事態に対応しきれなくなります。もっと言えば、せっかく株価が半値になったのに優良株を買い増しすることができないというのは大問題です。株式の長期リターンは7%であると言っていますが、これは配当再投資を続けた場合のリターンであり、配当再投資を怠れば、そのリターンは3%台にまで落ち込みます。長期投資において、1%の違いが絶望的なまでのリターンの差を生み出すことから、配当金は再投資することを前提と考えておいたほうが良さそうです。

1億円持ってる無職と年収300万円のサラリーマンなら、後者の方が信用度が高い

あなたがもし1億円分の株を保有していたとしても、仕事をしていなければ無職です。
無職の人は社会的に信用度が低く、新卒のサラリーマンよりはるかに信用されません。
事実、私が前回の転職活動時に6ヶ月ほど無職期間があったのですが、その期間では、ヤフーカードすら新しく発行することはできませんでした。あなたがアーリーリタイアをした瞬間から、クレジットカードの新規発行、賃貸マンションの契約などの社会的信用が必要となる行為はサラリーマン時代から比べると一気に難易度が上がるものと覚悟しておいた方がいいでしょう。

働けるうちはそこそこの仕事をしておいた方が得策

あなたがもし、1億円の株式資産を築き上げた後で、まだ働ける年齢であるならば、アーリーリタイアせずにサラリーマンを続けるか、そうでなくとも何かしらの方法で配当収入以外の収入を得る方法を続けることをオススメします。そもそも、株式投資を始めたのだって、給与以外に配当金という第2の収入源を確保するためだったのですから、収入が1つに限られることのリスクはよくわかっているはずです。配当収入をメインとして、それ以外にも生活費を稼ぐための無理をしない労働を続けることで、配当再投資を続けることができ、1億円を築き上げたあなたなら、さらに大きな資産を築くことができるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました