自分なりの『基準』や価値観を持つことが重要

雑記
スポンサーリンク

私は現在、都内のIT企業で働いていますが、出身は関西です。
幸い、世の中と同じく今年のGWは10連休を取ることが出来そうなので、実家に帰省をする予定です。

スポンサーリンク

帰省するときの交通手段は何を利用するか?

今回ははじめから新幹線を利用するつもりでしたので早々に予約をしておいたのですが、まだ20代前半の学生の頃は、夜行バスをよく利用していました。夜行バスを利用する理由は簡単で、ズバリ安いからです。山陽新幹線の東京~新大阪間ののぞみ指定席は片道1万4,450円(時期によって上下します)に対して、夜行バスなら安ければ4,000円台から乗車できます。夜行バスの乗客を見ていると同じような年齢層の方が多かったのを覚えています。

夜行バスは確かに安いけど…デメリットも多い

夜行バスは安く移動できるので大変便利な交通手段ではあるのですが、その名の通り夜間に運行しているバスなので、出発は23時台とか0時過ぎが当たり前です。また、バス停によっては乗車してすぐに消灯時刻になり、スマホすら見れません。しかも私は車やバスでは酔いやすく、バスの座席では安眠もできないので夜中に気分が悪くて目覚めることもありました。さらに、夜行バスでは片道6時間~8時間はかかってしまいます。(夜中なのでほとんど寝て過ごしますが)ですので、目的地に着いた時の疲労感は半端ではないです。

新幹線は早くて快適。時間を有意義に使える。だから高い

新幹線チケットは確かに高いですが、東京から新大阪まで2時間半で行くことができます。
さらに、ほとんど遅延もなく座席は夜行バスよりは余裕があり、移動時間にブログを考えたりスマホを見たりと有意義に時間を過ごすことができます。

時間と体力を消費してお金を節約するか、時間と体力を有効活用して高額支払うか

投資家として、当然お金の節約は大切だと考えています。節約をして株の購入資金を最大化することは常に心掛けています。とはいえ、新幹線で移動することで時間と体力をお金で買っていると考えれば新幹線チケットは決して高い買い物ではないと私は考えています。
もちろん、ここでグリーン車に乗るなんていうのは紛れもない無駄遣いですので、その点はくれぐれも勘違いしないでください。 グリーン車に乗っても到着時刻は通常の指定席と変わりません。

時間とお金の価値は個人や状況によって違うもの

例えば、特に急いでおらずどんな場所でもそれなりに安眠でき、寝ている間に目的地に着けるなら最高!とお考えの方であれば新幹線ではなく夜行バスは最高にリーズナブルな交通手段でしょうし、私みたいにバスでは酔いやすいし、移動中も仕事を進めたいという方には新幹線が最適解となります。また、同じ新幹線でも仕事終わりにビール片手にお弁当でも食べようかというビジネスマンの方なら『のぞみ』ではなく値段の安い『こだま』も選択肢に入るでしょう。
要は、何に価値を見出すかは人それぞれ、状況によって違うということです。

投資においても自分なりの『基準』を持つことが大切

投資を始めるにあたっても、年齢、余剰資金、投資期間、投資目的、投資に割ける時間がどれほどあるか、など人それぞれ、状況によって違ってきます。

本業が忙しく、投資に時間を割くことが出来ない方であれば、S&P500に連動するETFや投資信託を強くおススメしますし、米国株の個別銘柄に投資すると一口に言ってもその手法は多々あります。
例えば、配当利回りが高い高配当株を中心にディフェンシブ株を中心に添えるかたもいらっしゃいますし、私みたいに高利回りのディフェンシブ株と優良だと思えるグロース株を半々くらいで保有するという手法の方もいらっしゃいます。
さらにいえば、個別株銘柄への投資にしても、いくつかの銘柄に分散投資するのか。一点集中させるのか。という点でも多種多様です。重要なのは、投資をする際にご自身の『基準』を持つことだと、そしてその基準をご自身で考えること。ではないかと考えています。

まとめ

普段の消費においても、投資においても、重要なことは自分が何を一番優先するかという自分なりの『基準』と『価値観』を持つこと。そして、その『基準』は自身で考えることである。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました