東京は生活コストが高いというのは本当か?

雑記
スポンサーリンク

私は現在20代後半ですが、これまですでに3回転職を経験しております。現在勤めているIT企業は4社目になります。前職までは大阪本社の企業を転々としていたのですが、現在の会社が東京本社なので、地元の関西から都内に引っ越しました。
地方在住の時に『東京だと生活コストが高くなるだろうな…』と思い、倹約、倹約の思いで実家暮らしをしていたところがあり、まだ都内で生活を始めて1年くらいですが、実家に帰省している現在、比較してみて感じたところを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

東京は家賃が高い!

現在、都内のワンルームマンションで一人暮らししていますが、家賃は8万円です。(インターネット通信費込なので、実質7.6万円くらいかなと感じています。)仮に同じような条件のワンルームマンションであれば、例えば大阪の梅田でも6万円台から、京都だと5万円台くらいで借りられると思います。ですので、家賃という面からみれば確かに東京は高いです。私の場合は実家に住んでいた時も、親へ渡していた金額と別に3万円程度は家賃代として渡していたので、家賃は5万円ほど上がったと言えますね。

生活必需品の値段は変わらない

スーパーやコンビニで買い物する時の値段でいえば地元とそんなに変わりません。むしろ、都内のスーパーはキャッシュレス決済ができるお店がほとんどです(地元のスーパーだと未だに現金しか受け付けないお店もあります)ので、ポイント還元がある分少しお得かもしれない
ランチや居酒屋とかは東京の方が少し高いかなと感じますね。今の会社の立地もあるのですが、ランチでも1,000円以上するお店が大多数です。もっとサラリーマンが多い、新橋などでは安いランチもあるんでしょうが…大阪は特に安くておいしいランチが沢山あったのでその点はうらやましいです。

交通費は明らかに安い!

都内は交通網が発達しているので、まず車は不要です。また、自宅から駅までも徒歩7分と遠くはないし、スーパーやコンビニも家の近くに充実しているので自転車やバイクも要りません。ですので、マンションの駐車場や駐輪場を借りる必要がなく、無駄遣いの筆頭である車の維持コストがかからないので、それだけでも家賃の差以上のメリットが感じられます。

都内生活の一番のメリットは雇用の多さと賃金の高さ!

東京に出てきて何が一番のメリットかと考えた時、やはり都内では雇用が多数あるということと賃金水準が高いということです。職種によると思いますが、20代後半で年収500万円代後半〜600万円くらいなら普通にありえます。私自身、大阪の企業に勤めていた時と比べて、年収は150万円以上アップしました。実感として、手取り金額が毎月10万円程度増えました。毎月の手取りが10万円増加して、実感として高いと感じるのは家賃とランチ代くらいですので、私の場合は投資に回す資金を増やすことができました。
まあでも、実際は一番のメリットは便利さじゃないかなと思います。コンビニもスーパーも近くにあるし、iPhoneが1台あれば首都圏であればどこに行くにも困りません。関西で暮らしていた時も近所にコンビニなどはありましたが、他の店舗や施設の充実感はやはり比べ物にならないですね。
逆にあまりごちゃごちゃしたのが好きじゃなければ苦痛かもしれません。そこは好みの問題ですね。もし、今地方で暮らしていて、東京に出るとお金がかかりそう…という心配をしていて出てこれないという方がおられましたら、ぜひ一度東京に出てくることをおススメします。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました