なぜ、若者は仮想通貨を買ってしまうのか

投資の考え方
スポンサーリンク

終身雇用・年金制度と日本社会を長らく象徴していた制度が相次いで白旗を上げた昨今、若い世代から投資を始めることの重要性はますます高まっています。とは言え、投資をしていれば何でも良いかというとそんなことは無く、数年前からビットコインやリップルといった仮想通貨への投資(投機)が我々20代~40代の間で広まっています。

スポンサーリンク

株式保有者のほとんどが50代以上、仮想通貨保有者のほとんどが40代以下

政府も若年層の株式投資家を取り込むために、「つみたてNISA」という制度を設けましたが、一般NISA口座が開始から5年で1100万口座を超えているのに対し、つみたてNISA口座は開始1年でたったの100万口座しか開設されておりません。それもそのはずで、一般NISAもアクティブユーザーは60代、70代が最も多く、次いで50代、肝心の20代に至っては80代以上のユーザーに口座数・買付金額ともに圧倒的に負けている状態です。

つまり、つみたてNISAは株式投資に興味のない20代~40代には見向きもされず、50代以上の年代は、以前取り上げた記事に書いたように20年間という長期的な思考が難しくなっていくうえ、年間の非課税枠も40万円と少額であることから、一般NISAで十分という結論になるのです。では、株式投資に興味のない20代から40代は何に投資をしているのかというと、前述のビットコインやリップルといったいわゆる仮想通貨です。仮想通貨の利用者はおよそ600万人いるようですが、そのうち9割が40代以下の若年層だと言われています。

少額から投資できるというニーズ

株式(特に日本株)が高齢者に人気で仮想通貨が若年層に人気な理由の一つとして、仮想通貨が少額から投資できるというメリットがあるからというのが考えられます。 例えば、日本の優良株と呼ばれている株を購入しようとした時、障壁となるのは単元取引です。普通に株式市場で日本株を購入しようとした時、なぜか1単元(100株)単位での取引しかできません。例えば1株66,000円前後で推移しているファーストリテイリング(9983)の株を1単元購入するためには700万円弱の資金が必要になります。一方で、仮想通貨では例えばビットコインは現在また高騰しており、90万円程度で取引されていますが、取引単位は90万円ではなく、大手取引所のCoincheckでは500円から取引することができます。ターゲットとなる若年層は投資資金を十分に持っておらず、投資を始める際に取引所や証券会社に一番多い要望が「金銭的なハードルを下げてほしい」というものだったことを考えると少額から投資できるのは思っている以上に大きなメリットです。

米国株も現在は最低1,111ドル単位での取引が望ましい

日本株と比べると、実は米国株の方が参入のハードルは低く、米国株は1株単位での取引が可能です。とはいえ、購入手数料の関係で、1回の購入金額は1,111ドルを超えているのが望ましい(それ以下だと手数料の負担割合が高くなる)ため、やはり資金のない20代~40代には障壁となってしまうのではないでしょうか。

米国株は最低手数料の撤廃、日本株は単元取引の撤廃で株式投資が若年層に浸透するだろう

米国株の取引手数料はここ数年でも圧倒的に安くなっており、大手ネット証券では最低手数料が5ドルまで下がり、それ以降は上限の25ドルまでは手数料が買付金額の0.45%となっています。これは十分に安い水準であると思いますが、できれば最低手数料の5ドルを撤廃していただければと感じます。(よろしくお願いしますSBI証券さん 笑)最低手数料が無く、0.45%の手数料だけであれば、例えば500ドルの買付であっても手数料は0.45%の2ドル25セントとなり、少額取引に関しては、現状の半分以下の水準にまで下がります。また、おススメはしませんが仮に日本株に投資をしたいという若者がいた場合、単元取引をやめて、1株単位での取引が実現すれば、若年層の投資家を取り込むことができるのではないでしょうか。

メリットがあっても仮想通貨は投機。現状では、比較的少額から投資できるS&P500連動ETFがおススメ

仮想通貨は今の段階では、再度ビットコインが90万円を超えていることからもわかるようにハイリスクハイリターンの投機商品であり、それ自身にはなんの付加価値もありません。ですので現在の若者は投資をしているようで実はギャンブルに興じているのだということを認識しなければなりません。実際、私と同級生の友達も仮想通貨のネムに資金を投じて、大損をしました。現在の仮想通貨は、2018年の初めに顕在化したように、盗難リスクが高く、本来の目的である送金取引にはまだ利用価値がないと言っていいでしょう。さらに仮に技術が確立されたとして、仮想通貨はただの疑似通貨です。通貨間のやり取りということであれば、FXとなんら変わりなく、結局は誰かが負けるゼロサムゲームとなるのです。本当に投資を考えているのであれば、現時点では、3万円程度から購入できるS&P500に連動するVOOを毎月積み立てる方が安全に資産を増やすことが出来ます。 20代の皆さん、本当の投資を始めてみませんか?

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました