【V】決算は絶好調!株価も最高値更新!割高ながら打診買い

投資実績
スポンサーリンク

23日の引け後にビザ(V)が3Q決算を発表しました。
内容は予想通りの好決算でした。

スポンサーリンク

主な指標

・売上高:58.4億ドル(市場予想:57億ドル)
・1株あたり利益(EPS):1.37ドル(市場予想:1.32ドル)

詳細

今回の決算で最も伸びた分野としては、VISAが誇るシステム決済ネットワークの使用料収入(Data Processsing Revenue)で前年同期比で13%の成長を見せています。一方、今後の成長性を見込まれる国際決済(International Transaction Revenue)の分野は前年同期比8%とやや控えめでした。

このことから、米国内の個人消費は堅調なものの、世界的に見ればそれほどでもないのかなと感じました。

ちなみに前年同期比10%の成長率を見せているサービス売上(Service Revenues)というのは、金融機関にVISAカードのライセンスを与える代わりに金融機関から一定金額を収益として受け取っているものです。VISAは意外なことにVISAカードを自前で1枚も発行しておらず、提携機関がライセンスを得て発行しているということになります。この点が同じくクレジットカード会社として有名なアメリカンエクスプレス(AXP)との違いであり、アメックスは自社でクレジットカードを発行しており債権回収のリスクまで自社で背負っていることになります。一方でビザは利用額に対して一定の手数料を受け取るというビジネスモデルなので収益性はビザの方が圧倒的に高くなります。

また、このビジネスモデルの違いがアメックスが金融セクターに分類されるのに対してビザがITセクターに分類されるという違いを生んでいます。

今年初めてビザを買い増ししました

ビザは基本的にずーっと株価が右肩上がりなので大きく買い増しするタイミングが難しく、いつも市場全体の下落に合わせて買い増しをしています。

前回買い増ししたのは昨年の年末頃、130ドルあたりで合計20株ほど購入しました。それから7ヶ月で50ドル以上上昇するとは…この7ヶ月間での上昇率は41%ですね。異常です。

異常ですが、好決算にも関わらず、株価が軟調に感じましたので、またまた少額投資をしてしまいました。

SBI証券の最低手数料の撤廃に加えて6月に頂いた賞与収入がまだ残っているため今月は投資しすぎてしまっています。現時点で今月の投資額は3,000ドルを超えている。まるで浪費家のようにちょこちょこと少額決済をしているので、計画的な投資とは言えず、反省すべき点ですね。

決算が好調だったのにも関わらず株価が軟調な理由は、投資家も好調なことは当然わかっていて上方修正をするのなんて当たり前くらいに考えていたため、すでに株価に折り込み済みだった可能性が高いことが挙げられます。

とは言え、朝起きると株価は最高値を更新していたので、株式投資というのは本当に短期的には予測もできない値動きをするものですね。しかし、長期的に見れば今の株価も割安となっていくだろうと考えています。ビザは安定感と成長性、知名度・ブランド力、消費者独占性など様々な観点から超優良企業と言えるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

投資実績
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました