【KO】コカ・コーラ(KO)、エナドリ業界に参戦!更なる業績アップが見込まれるか

雑記
スポンサーリンク

コカ・コーラ(KO)がエナジードリンク『コカ・コーラ エナジー」(250ml缶/190円、自販機限定190ml缶/148円、各税別)を7月1日から発売することを発表しました。

この商品はすでにヨーロッパ各国で続々と発売していますがついに7月に日本でも発売することとなりました。通常のコカ・コーラとコカ・コーラエナジーの違いはカフェイン、ガラナエキス、ビタミンB6、ナイアシンを配合し、「コカ・コーラ」ならではのおいしさを楽しめる唯一のエナジードリンクとなっています。

日本コカ・コーラのコカ・コーラTMグループの島岡芳和統括部長が「エナジードリンク市場は、継続して伸長を続ける有望な高収益市場だ。過去5年の平均成長率は10%を超え、確実な収益拡大が望める市場である。」と言うように、エナジードリンクは超高収益の商品です。

まず、250mlで190円と言う値段設定からも分かるように通常のジュースより断然高値で売られています。通常のコカ・コーラであれば、500mlのペットボトルで140円程度です。それだけ高いと言うことは原価はそれだけ高いのでは?と思うかもしれませんが、実はジュースもエナジードリンクも原価は変わりません。そればかりでなく、エナジードリンクも実はただの清涼飲料水であり、健康補助食品や栄養ドリンクとも違います。なので、エナジードリンクを飲んで元気になる気がするのは完全なプラシーボ効果と言えるのです。

何にせよ、エナジードリンクはかなり儲かる商品と言えるので、コカ・コーラ(KO)も何としてもエナドリ業界に食い込みたいところです。

現在では代表的なエナジードリンクのモンスターエナジーを販売しているモンスタービバレッジ(MNST)はこの5年で3倍程度にまで成長しています。コカ・コーラ(KO)はエナジードリンク業界では後発組ですが、バフェット氏が

『たとえ1,000億ドル使っても、コカ・コーラ(KO)から世界のソフトドリンク業界1位の座を奪うことは不可能だ』

と言うほどコカ・コーラ(KO)は圧倒的なブランド力を保有しています。今後、エナジードリンクでも成功することが見込まれるため、コカ・コーラ(KO)株はさらに一層成長することができるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

雑記
スポンサーリンク
Yukiをフォローする
スポンサーリンク
Snowball 〜20代からの米国株積立投資〜
タイトルとURLをコピーしました