【残念】2,000万円も貯められない!『老後2,000万円不足問題』に対する日本人の残念な反応

投資の考え方
スポンサーリンク

最近何かと話題の金融庁が発表した『年金、老後2,000万円不足問題』ですが、それに対する日本人の反応がとても残念です。

『2,000万円足りないなら、年金を積み立てない選択肢も構築するべき』
『(桜田前五輪相の発言を受けて)子供3人育てて2,000万の貯蓄できる人って全体のどの程度いると思ってるの?』
『こんなことなら生活保護貰った方がマシwww』

とても身勝手でバカなご意見ばかりですね。一つ一つみていきましょう。

スポンサーリンク

『2,000万円足りないなら、年金を積み立てない選択肢も構築するべき』

はじめに言っておきますが、『年金を積み立てない選択肢』については私は大賛成です。年金積立分も投資に回せるならこんなにありがたいことはないです。ですが、それは当然ながら年金を一切貰わないという相応の覚悟が必要になります。私は年金が1円も貰えなくても悠々自適に過ごせるだけの資産を築くために日々こうして投資のことを考えています。年金が1円も貰えなければ、当然不足分は2,000万円では足りず、金融庁の試算では公的年金を中心とする収入約21万円に対し支出は約26万円となり、月5万円の赤字になるとのことから、この公的年金の21万円部分がまるまる収入として入ってこないことになるため、老後期間を30年で計算するとおよそ1億円(21万円×12か月×30年+2,000万円=9,560万円)が必要ということになります。
なら、ご自身で1億円の資産を老後までに作れば良いのですが、2,000万円の不足でギャーギャー騒ぐような人が年金を支払わなくてもよい世の中になったとして、1億円の資産を築くことができるとは到底思えません。

『子供3人育てて2,000万の貯蓄できる人って全体のどの程度いると思ってるの?』

これも相当バカな発言ですね。まず、誰が2,000万円『貯蓄』しろと言ったのかと聞きたいです。
そもそもこの発表は『2,000万円不足するので蓄えておきましょう。具体的には少額でも積立投資をして資産形成に着手する時期ですよ』という発表でした。
では、具体的に老後までに2,000万円の資産を形成するにはどうすればいいのか。シミュレーションしてみましょう。例えば現在35歳未満のあなたは、毎月たった2万円積立投資し続け、平均利回り6%という現実的なリターンで30年間運用するだけで2,000万円の資産がつくれます。

すでに定年まで20年しかない40歳のあなたでも、安心してください。毎月4万3,500円の積立投資を20年間、平均利回り6%のリターンで2,000万円の資産形成が可能です。

すでに給与水準が高い40歳のあなたであれば、毎月4万円少々の資金であれば捻出可能な範囲ではないでしょうか?
先ほどのバカなコメントには、『どうせ子供3人も作らないくせに毎月2万円も積立投資する余裕資金のない人って全体のどの程度いるの?ww』と返してやりたいところです。

『こんなことなら生活保護貰った方がマシwww』

論外ですね!
こういう思考回路の方はどうせ自分では何も築き上げず、自らの人生に責任を負うつもりがなく、将来国におんぶにだっこされるのですから、文句言うべきじゃないです。

ちなみにですが、S&P500は過去200年間の平均リターンは7%となっております。S&P500に連動するETF、VOOなどを中心にポートフォリオを組めば老後までに2,000万円の資産を築くことはそう難しいことではないでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました