【朗報】バンガードのETF9種類が米国モーニングスターの『最優秀株式ETFリスト』に選ばれる

投資の考え方
スポンサーリンク

この度、バンガードより嬉しいお知らせが届きました。なんと、バンガードの取り扱うETFのうち9つが、モーニングスターの選ぶ最優秀株式ETFリストに9つも選ばれたとのことです。

バンガード-長期・分散・低コスト- 米国モーニングスターの「最優秀株式ETFリスト」にバンガードETF®が選出されました
バンガードからのお知らせ - 米国モーニングスターの「最優秀株式ETFリスト」にバンガードETF®が選出されました

今回選ばれたETFは以下の通り。

大型株ETF

  • バンガード・S&P500 ETF (VOO)
  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF (VTI)
  • バンガード・米国ラージキャップETF (VV)
  • バンガード・米国増配株式ETF (VIG)

中小型株ETF

  • バンガード・米国エクステンデッド・マーケットETF (VXF)
  • バンガード・米国ミッドキャップETF (VO)
  • バンガード・スモールキャップETF (VB)

グローバルETF

  • バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETF (VEU)
  • バンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF (VXUS)

これらのETFの中には、私が普段から毎月投資している、S&P500に連動するVOOや、日本国内では、楽天証券の投資信託である『楽天VTI』として有名な、全米株式に連動するVTI個別株の増配に重きを置いたVIGなど、色とりどりの個性豊かなETFが勢揃いです。

せっかくなのでETF同士のパフォーマンスの違いを表とグラフにまとめてみました。設定来リターンは設定された年月がバラバラなので控除しました。

これを見ると非常に興味深いのが、年初来、つまり今年に入ってからのリターンで見ると、中小型株にパッシブ投資をするVOがたまたまリターンでトップに立っていますが、5年間のリターンで見れば、圧倒的に米国大型株への分散投資がリターンが高いことがわかります。そして同時に、短期的にも長期的にも、米国を除く世界に投資すると言う選択肢が最も悪手だったこともわかります。

年初来リターン

5年リターン

たまたまこの5年間が有利だったと言うのもありますが、それは大型株だけではないはず。なぜこのようにはっきりと差が出たのかと言うと、中小型株はボラティリティが大きく、ブームで株価が急騰する一方、なかなかうだつの上がらない銘柄も多く、急騰した銘柄もブームがすぎると一気に萎んでしまうと言う特徴を持つからです。

言い換えれば、長期投資を前提とするのであれば、安心して持ち続けづらいのが中小型株と言えるでしょう。これらの中小型株を含む、全米株式に投資するVTIが大型インデックスETFの中では最もパフォーマンスが悪いことからも窺えます。

また、パッシブ運用もそれほど5年で見ると、それほどリターンが大きくないことがわかります。それでも8%を超えているのは流石の一言ですが、中小株のパッシブ型ETFが大型株のインデックス型ETFと比較して5年間の平均リターンが2%も低いことは、やはりインデックス投資こそが長期的に見れば有効な投資手法であることを示しています。

ちなみに、毎月5万円を5年間、平均リターン8%と10%で運用してみたところ、運用結果に20万円ほどの開きが出たことがわかります。

これは、新卒社員の1ヶ月分の給与にも相当し、毎月の積立金額およそ4ヶ月分にあたる金額です。

5年でこの差は大きいと思いませんか?しかもこの差は投資年数が増えるにつれてますます大きくなっていくものです。2%と言う数字の軽微さを軽んじてはなりません。

【悲報】庶民の間にはまだまだ『1%の重み』が浸透していないことを実感。
10月の終わり頃、同僚の中田くん(仮名)と仕事の合間にランチに行きました。普段はお弁当を持参しているのですが、事前に約束していたので外食することになりました。彼とは違う部署なのですが、入社直後の懇親会で仲良くなり、中田くん自身が東...

逆に、今回のようにETF同士のリターンを比較することで、私が実践しているNYダウに選ばれるような大型株30銘柄の中から個別の投資先を選び、補完としてS&P500と言う同じく優良大型株に連動するETFを保有すると言う投資法が少なくともこの5年間は正しい手法だったと言う裏付けとなるのではないでしょうか。

私が勧めるS&P500へ連動するETFや投資信託を買い続けると言う手法は、数字が苦手な素人でも長期的にはMBAを取得したようなエリートなファンドマネージャーの投資手法を遥かに超えるリターンを叩き出すことができると言うことです。

私のように趣味と実益を兼ねて株式投資をしている人間からすれば退屈すぎて個別株に手を出しがちなのですが、毎日を忙しくされているサラリーマンの方々には、バンガードの大型インデックスETFを毎月買付し続けると言う手法が最もコスパの良い投資方法と自信を持って言えるでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました