【悲報】バーガーキングが大量閉店へ!結局マクドナルド(MCD)の牙城は崩せず

雑記
スポンサーリンク

ネット上で、株式会社ビーケージャパンホールディングスと株式会社バーガーキング・ジャパンが運営するハンバーガーチェーン「バーガーキング」が、5月後半に大量閉店すると話題になっている。全99店舗中22店舗を閉店し、茨城県、京都府は店舗が全滅。大阪は6店舗中4店舗が閉店するなど壊滅状態に。

スポンサーリンク

実は、「バーガーキング」はマクドナルドに次ぐ世界2位のハンバーガーチェーン

2017年には香港の投資ファンド「アフィニティ・エクイティ・パートナーズ」が日本での運営権を米バーガーキング本社から取得しており、当時の日経の報道によれば「出店拡大に乗り出す」「運営体制を見直して日本マクドナルドを追撃」などとされていたが、結局日本ではマクドナルドの前に敗北を喫することとなってしまいました。

そう言えば、バーガーキングってリピートしないなぁ・・・

私がバーガーキングに行ったのは一度だけで、大阪・難波の店舗を訪れた記憶があります。(今回の閉店騒動では難波店は閉店しないようで何よりです。)イメージとしてはボリュームも値段もマクドナルドより一回り上という感じで、特別美味しい!という記憶はないですね。勘違いしないで欲しいのは、確かに美味しいです。美味しいですが、マクドナルドでよくね?というくらいの美味しさだったと思います。簡潔に言うと、店舗数が少ないし、わざわざバーガーキングに行ってハンバーガーを食べるなら、近くのマクドナルドに行くよね。ということです。(あくまで個人の感想です。)飲食業界でリピートがないというのは致命的ですよね。そもそも東北地方には1店舗も無く、各地方にも点在しているだけでかつそれなりの値段もするということで、ハンバーガー本来のお手軽さという魅力が大きく欠けていると感じます。さらに今回店舗が激減すればそれこそリピートしづらい問題が根深くなるでしょう。

結局はマクドナルド(MCD)の一強

バーガーキングと同様、マクドナルドが低迷していた時期にマクドナルドを追い越す勢いと言われたのが新興バーガーチェーンのシェイクシャック(SHAK)です。しかし、シェイクシャックはどちらかと言えば高級路線かつファストフードでもありません。入店から商品を受け取り、食事をするまで30分以上かかることもザラです。シェイクシャック(SHAK)の競合はマクドナルド(MCD)やバーガーキングでは無く、フレッシュネスバーガーやモスバーガー、その他のカフェチェーンと言えるでしょう。よって、バーガーキングもシェイクシャックもマクドナルドの牙城を崩すことはできず、日本全国、いや世界中どこの都市に行っても同じ味で食べることができるマクドナルド(MCD)の優位性はこれからも揺るがないだろうと考えます。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました