【悲報】お盆明けから交通機関の遅延続発

雑記
スポンサーリンク

さて皆さん、本日からお盆明けということで、久々の出勤となったサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。私も先週は電車内でパーソナルスペースを確保できておりましたが、今日からまた身動き取れないレベルの満員電車です。とは言うものの、比較的職場の近くに住んでおり、乗車時間は10分程度なのでまだマシな方です。この電車に1時間以上乗車されている方がいると思うと本当に毎日移動だけで大変だなと思います。座席を確保しようが蒸し暑さは変わらないですからね。

連休明け、とりわけ長期休暇明けというのは電車が遅延しがちです。もちろん利用者が増えるので単純に車内で急病人が発生したりする確率は大きく跳ね上がります。首都圏だと各路線の乗り入れがどんどん加速しており、それも遅延の原因となっているようです。

ですが、やはり連休明けには一定数線路に飛び込む方もいらっしゃるようです。久々に会社に行くことが苦痛でしかなく、飛び込めばラクになるなどと考えてしまい惨事を引き起こしてしまうのです。

厚生労働省によると、15〜39歳の若年層の死因のトップが『自殺』となっているのは先進国では日本のみとなっているようです。10万人あたりの自殺の死亡者数も英国で6.6人、ドイツで7.7人、米国で13.3人となっている中、日本は17.8人と高い数値を叩き出しました。たしかに、平均寿命が男女ともに80歳を超える日本では、病死などのリスクは相対的に低く、悲しいかな若い世代では自分で命を絶つというのが最も絶命する確率が高くなるのでしょう。

皆さんが自殺を考えるほど悩むことって何でしょうか?基本的には悩みのほとんどが『人間関係』と言われていますが、職場や学校で対人関係に悩む方が多いという話です。こうした人間関係の悩みを解決する最も有効なツールが『お金』です。

よく言われるのが、『お金があれば幸せになるとは断言できないが、お金があれば不幸を防ぐことはできる』というものです。お金があれば職場で人間関係に悩めば休職をしてもいいし、もっといい会社に転職するために余裕が持てます。お子さんが学校で人間関係に悩んでいるようであれば私立の他の学校に転校させてあげることもできます。

我々庶民がお金持ちになるためには、まずは収入を上げて余剰資金を可能な限り増やして、投資をすることが大切です。薄給なブラック企業にお勤めの方は、まずやはり転職を考えることが大切です。ここ最近、世界中の景気先行きが不安定になったことで、転職市場は確実に冷え込んできています。もし、転職をお考えであれば、今のうちにしておかないとまた数年間は転職しづらい時期が訪れるかもしれません。そして、スキマ時間を利用して副業をすることをオススメいたします。私のようにブログを続けるのもいいですし、今の時代ネットでできる副業などはたくさんあります。

自分が得意なこと、好きなことで少しずつでもお金を稼ぎ、それを投資に回すことで、日々のイヤな労働からは少しずつ解き放たれていくことでしょう。そして何より、人生を楽しむことが大切ですから、自分が楽しいと思える仕事ができる環境に身を置くことが自殺を防ぐ一番の方法だなと思います。ただでさえ少ない若年層が自ら命を絶つのは本当にもったいない。線路に飛び込む前に、他の方法がないのか、もう一度考え直して欲しいところです。

私自身、今月に入ってから持ち株の時価総額が100万円程度下がっておりますが、全く悲観しておらずピンピンしてます。投資で損をして自殺する方もいるかもしれませんが、それはおそらくリスクコントロールをせずに自分の許容範囲を超えた取引をしていた場合だと思いますので、自分の感情をコントロールすることも大切と言えるかもしれませんね。

↓ポチッとワンクリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました